損切りできない理由

私の投資スタイルは相場の変動に係わらず常に一貫しています。軸はブレていないはずです。相場の乱高下に対しても「ヘッジ」「分散」「ロスカット」の基本スタンスを持って対処すれば、何も怖くはないはずです。あとは実行あるのみです。

株式投資の初心者でもない限り、これらの基本スタンスは理解しているはずです。特に、ロスカットなどの必要性は誰でも知るところです。しかし、わかってはいるができないのも投資の世界です。

くどくどと何度も同じことを申し上げるようですが、わかってはいるができないのです。では、これらの決断をスムースにできる方法はないのでしょうか。知識があっても最後に腰砕けとなっては、すべてがご破算になってしまいます。

これらの決断をできるようにするため、精神修行でもしますか?。実際に、これらの修行を行った投資家もいるようですが、このような精神修行を行っても相場にはまったく通用しません。投資の世界は一般社会と異なり、別次元のものなのですから・・・。

テクニカル分析を採用している投資家は、まず株価チャートを見ます。そして、あらゆる角度から検討し仕掛けの決断をし、仕掛けに入ります。ここまでは、あまり悩むことはないようです。同時に損切り幅の設定などもします。

仕掛けが無事済むと、毎日株価チャートを眺めて、あれこれと独り言を言います。ここで、株価が仕掛け値を割り込むようなことがあれば、頭を抱えながら沈黙します。そして、気を取り直して問題点を洗いなおします。「業績には問題ないので、一時的な現象か、それとも・・・」。

しかし、仕掛け値を大きく切ってくると考えが一変します。まず、当初設定した損切り幅と見比べます。「まだ損切りのラインまできていないので・・・」。しかし、非情にも損切りラインを大幅に下回ってくると「損切りしなければいけないのは分かっているのだが・・・」となり、自分を納得させるかのように、あれこれと損切りしない理由を捜し求めます。「ここの下値抵抗線まで頑張ってみよう」などと。

これらの損切りが1、2銘柄程度ならあまり悩まずできるでしょう。しかし、大暴落のように、持ち株すべてが一挙に損切りラインを通過してしまうとパニックに陥ってしまいます。

一般的には、このような状況でなぜ損切りができないのでしよう。今度こそはと思ってもなぜかできないのです。これらを解決する方法はひとつあります。それは、仕掛け時に逆指値の注文を同時に出しておくことです。しかし、せっかく逆指値をしても、あれこれ迷って変更したり取り消したりしては元も子もないのですが・・。

また、損切りが実行できない理由として、これは誰でもすることですが、仕掛け後に仕掛け銘柄の推移を株価チャートで見続けるということも原因のひとつとして上げられます。これらは心理面からですが、仕掛け後の株価の推移を見続けると、どうしてもその銘柄に思い入れが強くなり、何かの理由をつけて損切りができなくなってしまうという投資家特有の心理が働くようです。いずれにしても、損切りができて初めて利益の出せる中級者となれるわけですから・・・。

これらの問題を振り返ってみると、まず、「損切りは機械的に逆指値で注文をしておく」については、仕掛け後は投資家の感情は一切入らない。また、株価チャートなどを見続けると感情的な思い入れが強くなり、損切りができなくなるので、「感情を排除するためできるだけ株価チャートは見ないことにする」。見るのは終値だけ。つまり、これらは投資家の感情を排除して機械的に損切り処理を行うということに他なりません。

と言うことは、投資家の感情を断ち切るほど相場はうまくいくということになりませんか。逆に言えば、機械的売買が成功への近道と言うことになりませんか。相場で一番難しいことは「投資家の感情のコントロール」であるということは何度も述べています。

少々強引な結論ですが、投資の究極は、投資家の感情を排したシステム売買に行き着くものと考えます。たとえ、裁量的な売買であっても、確たるルールと揺るぎない決断力があれば、それも立派なシステム売買と言えるのではないでしょうか。

嘆き

相場が下がると「株で損をした」「塩漬けで動きが取れない」「投資金が半減してしまった」「株はもうこりごりだ」などの嘆きの声が聞こえてくる。相場が下落すればいつものことである。

投資家は、これらの対策に頭を痛めているようです。その対策も各自各様であると思いますが、何か基本的なことが忘れているような気がします。

これは個人投資家と話してみるとよく分かります。私だけが感じることかもしれませんが、皆さん一様に社会的に人格者のように思います。社会的な知識や常識も持ち合わせており、それなりの道を全うしてきた方が多いようです。

以前にも「相場の世界は一般社会と大きく異なる」というコメントをしましたが、社会的な地位もあり人格者と言われている人であっても、いざ相場の世界に入ると赤子のようになってしまうようです。何がそうさせるのでしょうか。

これは、何度も解説しているので改めて説明はしませんが、結局は「何かが間違っている」ということです。失敗の原因は「間違い」により引き起こされるものです。とすれば、その「間違い」を正せばよいわけです。

「間違い」を正すことにより、現在のような状況は回避されるはずです。しかし、相場の世界は特殊な世界であり、多くの投資家は、その「間違い」すら気づかないようです。たとえ気づいたとしてもその対策がわからない。対策を知っていても感情が邪魔をして実行できないなど。

私は個人投資家から質問を受けることがあります。これらに対し、速やかに返事しているつもりですが、その内容については、一般社会ではあまり取り交さない質問もあります。

たとえば「株で損をしてしまった。どうしたらよいか教えてくれ」等の質問もあり、これらの質問に対してどのように返事してよいか困惑してしまいます。やむを得ないことかもしれませんが、あまりにも幼稚すぎませんか。常識をわきまえた人格者がするような質問ではないような気もするのですが・・・。

投資の世界は「自己責任」であることは誰でも知るところですが、株式投資には、ライセンスが必要ありません。投資資金さえあれば知識や技術がなくても市場に参入できます。知識や技術がなければ当然負けることになります。

修羅の世界でもある投資市場に、何の武器(知識・技術)を持たず参戦するのはあまりにも無謀すぎます。市場には、大量の資金を抱えたプロ集団が存在します。これらに対して無防備なよちよち歩きのひよこが入ってくると当然ながらパクリと。

ここで私が申し上げたいのは、個人投資家が市場で運用しようとする投資資金は、それなりに苦労と時間をかけて積み上げてきたものであると思います。そのような大事な虎の子を安易に大きなリスクに晒すようなことはしないでほしい。投資資金をもっと大事にしてほしいのです。

もっと勉強するべきです。そしてレベルアップしてください。理論武装してから戦いに挑みましょう。安易な宣伝や情報などに振り回され、大事な投資金を失わないようにしていただきたい。投資の本質を理解していただきたい。

そして、投資の決断するとき自分自身に問いかけてください。「今、自分は冷静であるか」と。周りの雑音に振り回され自分を見失うことのないように、そして最終決断は必ず自分の意思で行ってください。

投資の世界では最後に頼れるものは自分自身しかいないのです。誰も助けてはくれません。嘆き悲しむ前に、これらのことをしっかり肝に銘じて取り掛かってください。

しかしながら・・・、
投資の世界では、まず、その理論や売買術をマスターすべきと論じられています。これらは正しく、理論や技売買術は武器であり、これらは戦いに勝つための大きな要因になります。しかし、私は長い間、投資の世界を見てきた中でもっと重要な要因があることを学びました。

突然、人間が究極の選択を迫られた場合、目の前でフラッシュをたかれた時のように一瞬何も見えなくなってしまう時があります。このときに、どのように考え、どのような行動をとるか。そのときの判断によって、その後の状況が大きく変わってしまうことがあります。

これらは、学習しても学べるものではなく、本人の持っている「何か」によって決定されるものです。投資の世界では、このような人間の奥深い所まで入り込んでくることを理解しておかなければなりません。

これらは投資家自身の本質的な問題です。十分な理論や売買術を持っていても落とし穴に落ちてしまうような。一歩踏み外すと戻ることができないような。それらが何であるかお分かりいただけると思いますが・・・。たとえプロのトレーダーであっても避けて通れない道なのかもしれません。

このように、投資の世界は甘い世界ではありません。一般社会より厳しい世界です。投資知識を学び、売買技術を習得し、そして、自分自身の本質的な性格を理解して取り組まなければならないことをしっかりと認識していただきたい。

怪しいやつ

以前、政府は個人マネーを株式市場に呼び込むため、「貯蓄から投資へ」とのスローガンを掲げていた。しかし、ある政治家から「株をやっていると、何となく怪しい(と思われる)」との発言があった。

私は怪しいやつなのか・・・。「怪しいやつ、信用できないやつ」は、本当は君たち政治家じゃないの。

しかしながら、ある意味では的を得ている発言でもあったと思います。前回コメントした内容のとおり、実際、日本人の株式投資家に対する認知度はその程度なのでしょう。私の感想としては、悔しくもあり情けなくもありです。

なぜ日本の投資家は、世間一般から「怪しいやつ、信用できないやつ」などとさげすまれた目で見られるのでしょうか。なぜ、投資家は信用に値しないのでしょうか。欧米では、投資で利益を得ることはステータスであるとも言われているのに・・・。

投資の世界は、たとえ投資で儲けたとしても投資の経験のない第三者からは、そのお金は「あぶく銭」のように見られます。まるで額に汗しない不労所得のように写るのでしょうか。額に汗して稼ぐことが美徳とする日本の社会だからなのか。

投資経験のある方であれば理解いただけると思います。投資で稼ぐということがいかに大変なことか。いかに悩み、苦しみ、そして神経もボロボロになり、苦悩の連続であるか。額に汗して稼ぐことがいかに楽であるか・・・。投資家は、背中に冷や汗をかいて頑張っているのに。

投資経験のない人には、このようなことはたぶん理解されないでしょう。表面だけしか見ていませんし。しかし、体験のない人に理解してもらう必要もありません。所詮、投資の世界は、体験しないと分からないものですから。実力を付けて、周りの雑音など気にせず、我が道を行く気構えで頑張りましょう。

「怪しい」などと言われる根拠を私なりに考えてみました。まず、日本の投資家で儲けている投資家が少ないことが上げられると思います。投資で損をすると、結果的に家族や周りの人たちに直接、あるいは間接的に迷惑をかけることになります。

これらは金銭的な問題だけでなく、投資家自身も損をすることでストレスやプレッシャーなどの精神的なダメージを受け、それらがさらに周りを暗くしてしまうことになります。これらの要因が幾十にも重なり、結果的に投資は「悪」であるという烙印を押されてしまうのではないでしょうか。

世間からは何と思われてもいいのですが、これらを払拭するには何といっても儲けることです。株式投資を始めるからには利益を出さなければ、その意義も達成できないことになります。

欧米には、投資で利益を得ている投資家が多く、また、その利益を慈善事業などに寄付をしている投資家も多いと聞く。かの有名なジョージ・ソロスなども慈善事業に力を入れている。このようなことから、欧米では投資家が社会的に認知されているのでしょう。

儲けなければ寄付もできません。日本の投資家も慈善事業に寄付できるよう、そして、世間からも認知されるよう頑張らなければならないなあと感じました。

相場気質

現在、株式市場は安値圏から脱出しようとしているところですが、中、長期投資家には歯がゆいところではないでしょうか。安値圏のもちあい期の売買手法は、逆張りが効果的であることは分かっていますが、逆張り手法はいったん相場がブレークすると大きくやられてしまう危険もあるので注意をしなければなりません。

相場の方向感が定まらないと、当然ながら投資家の迷いも高まってきます。迷いやプレッシャー、ストレスは、投資判断を狂わせる大きな要因となることは周知の通りです。

ところで我々投資家は、株式投資は資本主義の根幹をなすものであり、企業の資金の調達の場でもあり、経済に大きく貢献するものであることを理解しています。決して、仮想通貨のような捉え方はしていないと思います。

しかし、投資活動を行わない一般の人達からは、株式投資はギャンブルと同一視されているようです。最近はそれほどでもないにしても、以前は投資の世界はギャンブルと同じように見られていたようです。ところで、一般の人々は仮想通貨をどのように捉えているのでしょうか、投資それともギャンブル・・・。

宝くじをギャンブルと捉えてている人は少ないと思います。ある人が宝くじを買ったとします。それを人に話すと「当るといいね、楽しみだね」などと言われます。一方、競馬などをやっていると、一般の人からは冷たい視線で見られます。私にしてみれば、どちらも確率の悪いギャンブルではないかと思うのですが・・・。

宝くじの配当は50%以下です。競馬は75%です。どちらがギャンブル性が高いのでしょうか。世間一般では、宝くじはいいが、競馬はダメという雰囲気です。宝くじを買う人は、その根拠を口をそろえて「夢を買うんだ」と言います。それはそれでよいのですが・・・。

ところで、株式投資家はどのように見られているのでしょうか。たしかに投資の世界では、その功罪の「罪」の部分が大きくクローズアップされるため、一般には、そのイメージもあまり良く写らないのでしょう。つまり、これは儲かっている人がほとんどいないという裏返しなのかもしれません。

人間の性格や気質はゲームなどをするとよく分かります。大負けした人は、頭に血が上り決してやめようとしません。負けを取り戻そうと必死です。誰でもこのような経験はあると思いますが、追い込まれると人間の本質が出てくるひとコマではないでしょうか。日本人にはこのような傾向が特に強いようです。

これらは投資の世界でも言えることです。大負けすると無意識に損を取り戻そうとあれこれ画策します。しかし、精神状態はパニックであり、冷静な判断もできなくなります。そのような状況下ではうまくいくはずもありません。

このようなことは、大なり小なり誰でも持っている人間の本質でもあります。株式投資はギャンブルではありませんが、日本人の気質は、傾向的にこのような投資やギャンブルなどには向いていないように思えます。

日本人は、それらに対する教育を受けていませんし、社会からは冷たい視線を浴びて、本人もまた心の奥底には、それらを悪とする潜在意識を持っているせいなのかもしれません。いずれにしても、我々には欧米人のような狩猟民族と異なるDNAがあるのでしょうか。

私自身、ギャンブルは行いませんが、やはり向いていないということは自覚しています。投資とギャンブルは本質的に異なるものですが、短期的なキャピタルゲイン狙いの投資は、見方によってはギャンブルに似ていないこともありません。

人間には大なり小なり射幸心という本能が備わっています。投資にせよギャンブルにせよ、人間の欲と射幸心が絡み合って、時には自分でも想像できないような行動をとることがあります。冷静になって、あの時なぜそのような行動をとったのか分からないといった経験はなかったでしょうか。

投資歴何十年というキャリアがあっても成績はいまだに初心者なみ。これらは、投資の世界が一般社会における経済活動とは異なる特殊要因に起因しているからです。投資においては、人間の本質を突いてくるような場面が数多くあり、投資家は、これらを克服できないため、いつまでもその成長を妨げる結果となります。

難しい問題ではありますが、投資の世界に身をおく者は、自分自身の本質や気質、性格の部分まで変える事が困難であるため、その運用において、投資家が追い込まれてしまうような状況をつくらない運用手法を考えていかなければなりません。

以上の問題については、投資の理論やその手法より格段に重要なことであり、投資家各自がこれらの問題と真剣に向き合い、自己診断して、今後その対策を考えていかなければなりません。

性格に回帰する

今まで私なりに良いと考えられる投資手法やその考え方について述べてきました。しかし、売買技術や理論を習得したからといって誰でも儲けることができるわけではありません。同じ分析システムを利用しても、ある投資家は利益を得て、ある投資家は損をするという結果もあるわけですから不思議なものです。

それでは投資損益を左右するのは、投資理論や売買技術のほかに何が必要なのか考えてみましょう。

投資家は仕掛け時に、あれこれシナリオを描いて仕掛けに入ります。意に反し、仕掛け後に企業業績が下方修正となり株価が下落してしまったとします。当然ながら評価損が発生します。しかしながら、持ち株はそのまま持続。仕掛け時のシナリオが崩れたりにもかかわらずです。投資初心者のお定まりコースです。

投資家は自分なりにルールを作り、絶対厳守の決意で市場に参入します。しかし、実際に売買すると、当初決めたルールも守れない。システム売買だと言ってもあれやこれや自分に言い訳しながらシステムの指示が守れない。誰でも経験があるのではないでしょうか。

システム売買が続かない理由はこの辺りにあるのです。システム売買は完全に投資家の意思を無視した売買であるため、通常の裁量的売買よりきついかもしれません。よって、システム売買が一般化しないのはこのあたりではないでしょうか。

これではどのような素晴らしい手法を持ってしても収益にはつながりません。どのような分析システムを利用しても収益は望めません。投資活動をしていると、このような投資家特有の心理状態に陥ることも多く、結果的に操縦不能となって沈没してしまうことになりかねません。

なぜでしょうか。投資家は誰でも大なり小なり自分は投資知識があり、その手法も理解しているというプライドを持っています。「私に限ってそんなことはない」と。つまり、心理の深い部分で、自分の非を認めたくないという心理が働くものです。

むかし、投資家でもあり評論家でもある人が「自分の考えは間違っていない、間違っているのは相場のほうだ」と言った話はあまりにも有名であり、こっけいな話でもあります。このような考えは潜在的に誰でも持っているようです。

相場では迷いや苦悩の連続であり、常に決断を迫られ、人間の本能の部分が大きく揺さぶられることになります。地位や年齢など一切関係のない、本来の人間に備わっている潜在的な心理や潜在的な部分まで入り込んでくるのです。このように投資の世界はメンタル面において非常にハードなビジネスであることを理解しておくべきです。

投資では、常に緊張状態の連続であり、大きなストレスがかかってきます。「緊張状態の連続とストレス」。人間が長期間このような状況下に置かれた場合どのような結果になるでしょうか。

人間が極限の状態に置かれた場合、本来自分が持っている「人間性」が出てくると言われています。皆さんも体験したことがあると思いますが、普段はみんなに好かれる良い人でも突然の緊急事態となったときなどに、人格が変わり、その人の「本性」を垣間見たということはありませんでしたか。

このように普段は普通の良い人であっても、極限の状態に置かれたときに人格が変わってしまうこともあります。大暴落などにおいてパニックになり、判断が付かなくなり右往左往と・・・。このときの自分が本来の自分の姿かも知りません。

このようなことから、どのような投資理論を持っていても、どのような売買技術を身につけていても、相場では負ける人はいつも負け、勝つ人はいつも勝っているというという結果になります。私が常々申し上げている「投資の成果は、最終的には投資家本人の性格に回帰する」と言うことはこのことなのです。

このような問題は、投資家であれば誰でも今後体験することであり、また大きな壁でもあります。株式投資で多少の利益を上げても、精神的に破綻したり、日常生活に支障をきたすようであれば、本来の目的である豊かなゆとりある生活が達成できなくなってしまいます。

これらの問題は、投資理論や投資技術以前の問題です。これらは投資家に共通した問題であり、投資家本人が克服しなければならない大きなテーマでもあります。相場で儲かるか損をするかは案外このようなところにあるのかもしれません。

人間は追い込まれると弱いものです。相場におけるこのような現状を十分理解して日ごろからその対策を考えておかなければなりません。

流れに沿った売買 そのⅡ

我々個人投資家は外部環境がどのようになろうと、したたかにチャレンジして行かなければなりません。前回、どのような相場環境でも継続的な運用を行うには「流れに沿った売買」が適していると解説しました。

暴落などは、投資の世界の恐ろしさをまざまざと見せ付けられます。そして、投資家はそのような環境の中で多くの体験をします。それらの体験の中で、もし、その売買を「流れに沿った売買」であったとしたらいかがだったでしょうか。

「もし」という仮定の話は相場の世界では通用しないことは承知していますが、暴落の場合「流れに沿った売買」であれば、ほとんどの銘柄が「空売り」となって、それなりの利益も見込めるのではないでしょうか。

では「流れに沿った売買」とは、具体的にどのような手法を言うのでしょうか。「流れに沿った売買」とは、大きな意味での「順張り」ということになります。つまり、下げを確認してからの「空売り」、上げを確認してからの「買い」ということです。

これらの判定如何で投資成績が大きく変わってしまうほどです。しかし、これらの判定は非常に難しく、私自身も長年研究をしていますが、究極のシステムの完成には至っておりません。もしかして、これらの判定は永久に無理なのか、あるいは、まだその究極の手法が発見されていないのか・・・。悩むところです。

仮に、その判定の確率が50%とします。つまり勝率が50%であるということです。勝率50%であるとすれば、この条件下で利益を上げようとするならば、やはり、利益の時は大きく、損の時は小さくする以外の方法はありません。

しかし、これらは理屈であって実践となるとなかなか難しいものです。そこで、簡易法ながら、ひとつの考え方を提示してみたいと思います。これらは、あくまでも考え方として捉えてください。

まず、一番簡単な「流れに沿った売買」は、株価が高値から○%下げたら下降転換、株価が安値から○%上げたら上降転換とすれば、安易にその判定はできるはずです。しかし、実際にこの手法で売買しても収益は上がらないと思います。なぜなら、それは誰でも考えそうな手法ですから・・・。

実際には、これらの転換で売買をするのではなく、転換後の手法が重要になります。ここで、ある程度の転換点を見出した後に、その転換に沿った逆張りを行うのです。ここで重要なことは「この逆張りは、転換を確認してから行う」ということです。

ここでの逆張りは、決め打ち的な逆張りという意味ではなく、買いの場合であれば「下げ止まり」を確認後ということになり、空売りの場合であれば「上げ止まり」を確認後に仕掛けに入るということになります。「上げ止まり」「下げ止まり」は、ある意味では、超目先的な順張りと言えなくもないのですが・・・。

買いに入ったら「上げ止まり」で利食いします。空売りに入ったら「下げ止まり」で利食いします。もし、目先売買の場合に、買いの仕掛け時の「下げ止まり」の最安値を切ったら損切りする、空売り仕掛け時の「上げ止まり」の最高値を抜けたら損切りするなども効果的です。

ただし、上昇転換を確認したら、その後の売買は下降転換するまで「買いのみ」で行うものとします。下降転換を確認したら、その後の売買は上昇転換するまで「空売りのみ」で行うものとします。

ここでの「上げ止まり」「下げ止まり」の確認は、一般の目先的なテクニカル分析指標でも可能であると思いますが・・・。

相場格言に「森を見て、木を見よ」とありますが、ここでの森は「転換の判定」であり、ここでの木は「転換後の逆張り」に当たります。

「上げ止まり」「下げ止まり」については、拙著「仕掛け・損切り・利食い、プロのノウハウ」に記載されていますので参考にして下さい。

以上のような考えのもとに投資手法を組み立てることにより、継続的な運用が可能な「流れに沿った売買」となるのではないでしょうか。私が長年、相場の世界を体験してきて、現在考える中ではベストな投資手法ではないかと思われます。これらの考え方は、遠い昔の中国の投資指南書にも書いてあったような気がします。

流れに沿った売買

投資手法において、通常の相場展開では、一般的なファンダメンタル分析やテクニカル分析もある程度は機能するでしょう。しかし、相場には考えてもいないような展開も起こります。○○ショックによる急落や要人の発言などによる急騰など。そのような時、投資家は通常の分析手法が役に立たないことを実感されたことでしょう。

そこで、相場急転で懲りた投資家は、急騰、急落でも通用する手法を模索することになります。あれこれ苦心して、急騰、急落でも凌げる売買手法がある程度でき上がったとします。しかし、急騰、急落にも対応した売買手法を見つけたとしても、その手法がオールマイティにどのような相場展開でも通用するでしょうか。

相場には上昇相場、下降相場、そしてもちあい相場とあります。さらに上昇期には大暴騰もあるでしょうし、下降期には大暴落もあるでしょう。これらに対応した売買手法が、果たしてすべての相場変動に通用するでしょうか。

テクニカル分析を好む投資家は、多くのテクニカル指標から自分なりに合った、いくつかの指標を組み合わせなどして利用されると思います。この時に急騰、急落に指標を合わせ、それらを利用し理屈の上では急騰、急落を乗り切ったと仮定したところで、これらは実際の運用では通用しないと思います。

これらはファンダメンタルズ分析においても同様なことが言えると思います。なぜなら、通常相場では機能するPER、PBRは、急騰、急落の時に適用できるでしょうか。これらの指標の水準が未来永劫、基準として採用できるでしょうか。

つまり、投資の世界には絶対的な基準がないということです。ではどうするか。これらの問題は、投資家の永遠のテーマとなっています。しかし、現在投資活動をしている投資家とっては切実な問題でもあります。私とて、これらの問題に対峙し、日夜孤軍奮闘している状態です。

投資とは、これから有望だろうと思われるところに先行して資金を出資するものです。「これから有望・・・」を心の支えとし、また信じての行為ですが、そこには、不確定要素というリスクも多く内在していることでもあります。

現在のような情報化社会では、その経済状況がめまぐるしく変わり、対応できない状況にあります。暴落時には、まるでバンジージャンプをしているようです。企業経営者も想像すらしていない状況になるのです。

経済状況の急変により、経営者も想像できない状況下で、結果的に、我々投資家はさらに想像もできない事態となっています。これから先の経済状況も読めない状況では、さらに投資に対する自信も持てなくなってしまいます。

傷ついても八方塞がりの状況下であっても、投資を志す者は、あきらめず勇気と気力と知恵を持って進むべきです。そこで、上記の問題を解決する方法、つまり、どのような相場展開になろうとも運用が継続できる方法は何か考えて見ましょう。

これらの問題の解決策は非常に簡単なものです。これらは、私自身が実践し、長い間相場の世界で生き抜いてきた考え方です。それは、当欄でも何度も解説しています「流れに沿った売買」です。

「流れに沿った売買」、つまり、株価が下げ始まったら「空売り」し、株価が上げ始まったら「買い」に入るという、いたってシンプルな手法です。相場の流れに逆らわず、流れに沿った売買です。これらの考えを基本として、売買手法を組み立てることです。

投資家は、企業業績の見通しを立て投資するわけですが、これらの企業業績も遅かれ早かれすべて株価に繁栄してくるわけです。また、企業業績(暴落以前の業績)も無視した大暴落においても「流れに沿った売買」であれば無難に運用継続が可能になるのではないでしょうか。

どのような相場展開でも通用するオールマイティな投資手法があるとすれば、それは「流れに沿った売買」であると私は確信しています。よって、これらの考え方をベースにして投資手法の構築を図るべきではないでしょうか。

体験に勝るものなし

株式市場は世界的に下落した。これは、トランプ米政権が貿易赤字削減に向け、アメリカン・ファーストの一環である保護主義政策を相次いで打ち出した結果である。これらにより世界の株式市場で株価が急落するなど、世界経済は政治リスクに直面しています。

朝起きて相場を見たらびっくりするほど下げていて、狼狽してしまった投資家も多かったのではないかと思います。相場の世界では、このようなサプライズは常に発生するため、投資家は常に対処しておかなければなりません。

では、このような突然のアクシデントに対応するには、どのようすればよいのか考えてみましょう。

投資での最大のリスク管理は「損切り」でしょう。しかし、その損切りは精神的に痛みを伴うものであり、ましてや損切りが続けば嫌気がさしてきます。相場とはそのようなものだと分かっていても割り切れないものがあります。

損切りは一番辛いものではありますが、もっと辛いことがあります。それは損切りしたものの、そこをボトムとして急騰してしまった時には、損切りによる損失と急騰により儲けそこなったという思いでダブルのショックを受けます。

損切りはやむを得ないとしても儲けそこないは損切りよりさらに辛いものでしょう。投資家であればこのようなことは何度も体験されているのではないでしょうか。このような現象は、投資の世界に参入したことを後悔させる現象でもあるのです。

それではこのような現象、つまり損切り後に急騰して後悔するようなことは避けられないのでしょうか。損切りはやむなく受け入れるが、どうも損切り後に急騰することには絶えられないと多くの投資家は嘆いています。

そこで、これらの対策について考えて見ましょう。まず、ある銘柄を買い付けしたとします。買い付け後に損切りラインを設定します。そこで、その損切りラインに(同銘柄に)逆指値で「売り(空売り)」を入れておきます。

買い仕掛け後に当初設定した損切りラインに達した場合には、そのラインに空売りが入ります。これで買い付け銘柄と同銘柄の空売りを行ったことになります。これで損切り金額が確定したことになります。その後は株価がどのように変動しても損切り金額に変化はありません。

しかし、このままでは損切り金額が固定されたままです。もし、株価がそのまま下落して戻りそうもないときは、いつでもどのポジションでも任意に買い銘柄と同空売りを同時に決済します。これで損切り金額が確定することになります。

もし、損切り水準に達して同銘柄を空売りしたとします。その後株価が急騰してきた場合、どの水準でも構わないのですが、できるだけ買値の水準と損切りの水準の間で空売り分のみを決済します。

この時点で当初の損切り金額が確定します。その後は株価上昇についていき、買い付け値を上回れば当初の利食い目標値で利食いします。しかし、それは相場のことであるから、予想通り順調に上昇して利食いできる保障はありません。

上昇と見込んで空売り分をはずしたものの、意に反して下落してしまったらどうしたらよいものか。その場合は最初の損切りラインに達したら再度同銘柄の空売りを行えば良いわけです。そして、上記の対処を繰り返します。

新規の仕掛けと同時に、設定した損切りラインに反対売買の逆指値を入れておけば、不安になって、いちいち相場を見ることなくメンタル面の負の部分が大いに軽減されることになります。

これらの一連の作業は「つなぎ売買」の一部ですが、一度体験されると分かりますが、単発の損切りより精神的な負担は考えているより軽減されることは間違いありません。「体験に勝るものなし」です。

投資の世界では主に上がるか下がるかに終始しがちですが、実践では投資のテクニックも学ぶ必要があるのではないでしょうか。

ギャンの投資手法

私は常々「ブームはバブル」と述べています。投資体験の長い方には理解いただけると思います。これは投資の世界に限ったことではなく、あらゆる経済活動や一般社会にも言えることです。

最近のブームと言えばやはり仮想通貨でしょうか。ある米国の経済学者が述べていました。「我々の考えでは、ビットコインの内在的価値はゼロだ」とし、「例えば国債や株式、紙幣にはそれに対して支払いの義務を持つ対象があるが、ビットコインにはない。ビットコインは収入も生み出さない」と論じた。

そして、ビットコインは資産バブルの本質的な基準を全て満たしていると分析。過剰取引や「新時代」的考え方、高いレバレッジを挙げ、教科書通りのバブルだと指摘。「恐らく今にもはじけるところだ」と記した。仮想通貨ビットコインのバブルがはじけるのは時間の問題。ビットコインは本質的に無価値だからだと述べている。

投資とは自己責任であるが、ビットコインの内在的価値はゼロであるならば、これを投資と言えるのだろうか。ギャンブルと投資は根本的に異なるはずです。Googleが仮想通貨の広告を2018年6月から禁止する。

さて、私は最近、積み上がっていた本棚を整理した。私の本棚には3種類の本しかない。「投資関係」「パソコン関係」それと「心理学」の3種類です。少し整理して処分しようかと思ったが、今は役に立たない本でもなかなか思い入れがあって捨てられない。

投資初心者向けの書籍もあるので、これらは処分しても良いと思った。しかし、心理学の書籍は捨てられなかった。投資で苦しんでいたときの思い出がよみがえり、大いに癒されたこともあったので処分しきれないでいる。そろそろ断捨離の年代でもあるのだが・・・。

本の整理をしていたら分厚い懐かしい本が出てきた。それは「W、D、ギャン」の著作集であった。だいぶ昔に読んだ記憶はあったが内容は忘れていた。そこでペラペラとめくってみた。

ギャンは1878年にテキサスの綿花農家に生まれ、家業を継ぐことなく投資家となった。1929年のNY株式大暴落など数々の相場を体験し、1900年前半に活躍した伝説のトレーダーである。

著書にはギャンの投資理論にはいくつかの法則が書いてあった。それを一項目ずつ読み返してみた。そして、現在の自分の投資法と比較してみた。

法則の内容をいくつか紹介してみましょう。

① 投資金は一度に全部投資せず、小額から運用する。
② ストップロスオーダー(逆指値注文)を使い、損失は最小限に抑える。
③ 過剰取引はしない。資金配分を守る。
④ 含み益が出たら利益を減らさないように逆指値を上げていく。
⑤ トレンドには逆らわない。
⑥ 迷ったときは手仕舞い、ポジションを解消する。
⑦ 値動きがあり、売買が活発な銘柄(市場)で取引を行う。
⑧ リスクを避けるために、分散投資をする。
⑨ 指値注文ではなく、すべて成り行き注文で売買する。
⑩ 根拠のない理由で手仕舞いしない。
⑪ 買い乗せ(売り乗せ)のタイミングに注意する。
⑫ ナンピンはしない。ナンピンはトレーダーの最大の誤りである。
⑬ 小さな儲けと大きな損は避ける。(損小利大)
⑭ 建玉と同時に逆指値を行い、これをキャンセルしない。
⑮ 極端に頻繁な売買は避ける。
⑯ 買いだけでなく空売り(信用売り)も積極的に活用する。
⑰ 値ごろ感にとらわれない。安い(高い)という理由で買って(売って)はならない。
⑱ 明確な理由なしにポジションを変えてはいけない。
⑲ 相場の天井、底を闇雲に決め付けない。
⑳ 他人の助言を鵜呑みにしない。自分で研究し、自分のルールを持つ。

など。

大筋では私の投資に対する考え方と大差はなかった。また、当欄に解説している内容にも合致する。

特に「⑤トレンドには逆らわない」「⑨指値注文ではなく、すべて成り行き注文で売買する」「⑫ナンピンはしない」「⑬小さな儲けと大きな損は避ける。(損小利大)」「⑯買いだけでなく空売り(信用売り)も積極的に活用する」「⑳他人の助言を鵜呑みにしない。自分で研究し、自分のルールを持つ」などは当欄で何度も解説している内容である。

ギャンの投資手法に異論を唱える投資家もいるだろうが、投資の世界に長い間身をおいている私にも共感できる内容であり、投資家の皆さんにもぜひお勧めしたい項目も多い。ご参考までに。

相場の真実

投資家は常に理想と現実の狭間で悩んでいる。理想とは「このくらい儲けられればいいんだがなあ」との期待感です。現実とは、理想と現在の自分の成績のギャップにある。また、投資家には自分の考えは常に正しいというプライドがあるため、成果によっては、そのプライドが傷つけられることがあります。

このように投資家は常にジレンマと自己矛盾の中で格闘しています。これらの問題を解決する方法はないのだろうか。ジレンマと自己矛盾が続けばいずれ疲弊して市場から退場することになるだろうから・・・。

多くの投資家はこのような問題を抱えながら投資活動を行っているわけですが、これらの問題を原点に立ち返り考えてみる必要があるのではないでしょうか。

当欄の解説は、主に投資家の心理面や投資技術を主体として解説しています。心理面においては、私自身の長い投資経験から解説していますが、投資の苦悩や悩みは投資家であれば共通した内容であり、当たらずも遠からずといったところではないでしょうか。

また、投資技術面では、徹底的に膨大なシミュレーションを行った結果をベースにして、できるだけ主観を交えず解説しているつもりです。

そこで、今回は投資家のジレンマと自己矛盾を軽減するために、投資技術と投資家心理の両面から解説したいと思います。私は極論ではありますが常に「投資の常識は非常識」と述べています。これらについては私自身の主観的な考えではなく、検証の結果得られた数値に基づいて客観的に解説をしているだけです。

ある検証を試みました。日経平均を日足ベースで過去1991年1月4日から2018年3月9日まで約27年間の検証です。日足ベースでローソク足の陽線と陰線の数を比較してみました。この27年間の株価変動はW型となっており、検証データとしては適しているのではないかと思います。

さて結果ですが、結果は27年間で陽線の数は3241本、陰線の数は3436本であった。陽線の比率は全体の48.53%となった。ちなみにTOPIXにおいては48.75%であり日経平均と大差はなかった。また、個別銘柄(約4000銘柄)を検証しても同様の結果となった。これは何を意味するのだろうか。

この結果の意味するところは、つまり「上げ、下げの確率は50%前後に収斂する」ということではないだろうか。これがまさしく相場の現実であり、真実ではないだろうか。

この結果から考えと、相場の勝率は50%前後であると言えないだろうか。私が常々述べている「相場の勝率は50%前後に収斂する」ということは、これらの検証を経た結果を解説しているに過ぎないのです。

もしこれらを相場の真実とすれば、実践においても勝率は50%前後であることを基本として考えなければいけないのではないだろうか。真実を受け入れることは、時としてとても辛いことではあるのだが。

もし、分析システムを採用する場合「この分析システムの勝率は50%前後ですよ」と言われれば採用する人はいないだろう。もちろん相場の真実を知らない投資家なのだろうが・・・。

反対に「この分析システムの勝率は80%以上ですよ。絶対に儲かりますよ」と聞かされれば気持ちもグラッとするだろう。しかし、私に言わせれば「勝率80%以上」などは、最適化された「捏造」と言ってもよいくらいだ。

冒頭に述べましたように「理想と現実の狭間」は、このような原因により起こるもので、理想を追い求める気持ちは分かりますが、現実に優るものはないのです。理想を追いあらゆる投資手法を探し回っても桃源郷はないのです。現実から目を背けてはいけない。

現実的には、勝率50%前後をベースに投資手法の構築を行わなければなりません。しかしながら、勝率50%前後で実践に入ると、頭では理解しつつも体感的にはかなりきつい感じがします。

実際、私自身が運用しているシステムも、その勝率は50%前後でしかないのです。そのため、損切りが続けば理屈は分かっていても落ち込みます。これがまさしく現実なのです。これが相場の世界なのです。

投資家には、さらに辛い出来事があります。それは勝率50%前後の中に「損切り」が入ってくるのです。損切りなくして利益なしです。このように相場の世界は非常に厳しい世界であることを認識してスタートしなければなりません。

そこで、素朴な疑問が湧いてきます。それは「勝率50%前後では儲けが出ないじゃないか」という疑問です。まさにその通りです。勝率50%前後では利益は出ません。

しかし、ただひとつだけ勝率50%前後でも利益を生む方法があるのです。それは損切りすることです。損失を限定することです。相場に必勝法があるとすればこれだけです。他に必勝法は絶対ありません。私はあまり断定的な解説はしませんが、これだけは間違いないところです。真実です。

あるとすれば、たまたまや偶然でしかないのです。長い間投資活動を実践すれば偶然などは一過性のものです。「昔は儲けたこともあったのに・・・」とは、この類でしかないのです。かつてカリスマ投資家と言われた人たちもこの類なのです。

現実、真実から目を背けているから投資家の苦悩は続くのです。現実、真実と向き合うのは、時として辛く痛みを伴うこともあります。しかし、拒否すればいつまでも苦悩は続きます。これが現在の投資家の現状ではないでしょうか。

現実、真実はありのまま受け入れ、苦悩から開放されるべきです。