相場のプロとして

株式投資において、アマチュアの投資家とプロの投資家との違いはどこにあるのでしょうか。

一般的にプロの投資家は、相場の見通しを的確に当て、大きな資金で株価をつり上げ、仕手株として相場を操縦していくようなイメージを持たれていると思います。
これらは仕手筋として取り上げられていることであって、プロの投資家と見るのは少々無理があるように思えます。
歴史的に見ても、これら仕手筋は最終的にはあまり良い結果で終わっていないようです。

私の言うプロの投資家とは、あくまでも独立した個人で、すべて自分の判断で売買を行い、最終的に自己責任において完結する投資家を指しています。

アマチュアとプロの売買を比較した場合。

アマチュア投資家は、常に上がりそうな銘柄を物色し、ここぞとばかり一気に仕掛ける。
ハラハラドキドキしながら銘柄を見守り、上げたらすぐに利食いし、下げたらそのまま辛抱強く持続する。
一方、プロの投資家は、ある程度自分に合った銘柄を数銘柄に絞込み、値動きを日々観察しタイミングを見はからって仕掛けに入る。
仕掛けも一度に大量の資金を投入せず、分割で段階的に仕掛ける。
予想に反した値動きとなった場合は、「つなぎ」を入れて様子を見る。
無理と判断した場合は早めに損切り処分する

プロの投資家といっても、相場の見通しや株価の値動きに対する判断が人一倍優れているわけではなく、アマチュア投資家と大差はないはずです。

ただ大きく違うところは。
     1.分割売買をする。
     2.つなぎ売買をする。
     3.早めの損切りをする。
この3点の売買技術だけであると思います。

これらをマスターできればアマチュア投資家でも現在の投資成果を飛躍的に向上させることは可能であると思います。

私はこの文章をお読み頂いている投資家の皆さまに、プロのレベルまで売買技術の修得ができるようお手伝いしていきたいと考えています。 

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する