日本の投資家と米国の投資家

株式投資において、日本の投資家と米国の投資家との違いを考えてみました。
私は、現在米国市場においてネット取引による夜間トレードを行っています。
そのため米国市場の情報もたくさん入ってきます。
また友人もおりますので、詳しい情報も入手可能です。

それらの情報を総合的に見てみますと、
米国の投資家に億単位で利益を得ている投資家が非常に多いのにびっくりします。
私なりに米国の投資家の手法を調べて見ました。

米国では一般生活において日常的?に「賭け」を行っています。
たとえばフットボールやバスケット、野球などのゲームで友人同士で賭けをしています。
(金額的には小額ですが)よく見かける光景です。
たとえ負けたとしてもゲームとして割りきっています。
株式投資と「賭け事」とは違いますが、負けたときの割りきり方は株式投資にも
通ずるところがあるのではなかと思います。

一方、日本ではギャンブルは悪であるというイメージが定着しています。
日本人は賭け事をするとすぐ感情的になります。
たとえばマージャンである人が一人負けをすると、
勝った人は朝まで帰れないといったことになります。
国民性の違いといってしまえばそれまでですが、
株式投資においても日本人と米国人とのこの辺のベースの違いがあるのかもしれません。

株式投資はギャンブルではありませんが、
投資に対しての割りきり方が上手な米国人に大きく利益を上げている投資家が多い、
という結果になっているではないかと私なりに考えています。

以上のように株式投資で絶対損をしないことはありませんので、
負けたときは負けとして割りきる姿勢が投資において成功する秘訣ではないかと思います。

相場において成功の秘訣は「損切りにあり」といっても過言ではありません。

投資家の皆さんも今後は、「損切り」を恐れず、「空売り」「つなぎ売買」と
投資のバリエーションを広げ、幅広い投資技法を身につけていただきたいと思います。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
3つの最新戦略を期間限定で公開中!

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【9月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【9月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【9月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する