儲かる人、儲からない人

様々な投資家にお会いして「儲けている方」と「損をしている方」の比較をしてみました。

総じて「儲けている方」は切るのが早い。「損をしている方」は持続期間が長い。という結果でした。

私なりにいろいろと推測してみました。投資家は皆、仕掛け後当初のシナリオ通りに展開しなかった場合、「これはまずかった」と感じることが多々あると思います。

これは儲けている人も損をしている人も同じであると思いますか゛、この次の行動で明暗が分かれてしまうようです。

儲けている人はここで切ります。損をしている人は「おかしいな」と思いつつも、もしかして・・・と持続します。たとえば、いつも損をしている人がここで切ったとします。その後若干下げた後、上昇となった場合、「やはり持続であった」と思い残念がります。

次の仕掛けで同様な場面にあった場合、「過去の学習効果?」から持続します。今度はそのまま下げます。

確率は上げ下げ50%ですから、持続しても切っても同じように思われますが、成績を見ると大きな差が生じます。それはなぜでしょうか。

それはそのまま下げた銘柄を「いつまでも持っている」と言うことになるからです。これが儲けることのできない「元凶」なのです。

一般的に株価が上か下かと判断に迷ったときは、根拠も無く「少し様子を見てから」と言ってそのまま持続します。この「少し様子を見る」ということが株式投資においていちばんやってはいけないことです。持続する根拠も無くただ「損をしたくない」の一心でいたずらに持続します。

「様子を見たい」と言うことであれば、何らかの処置を行ってから様子を見るべきです。

「迷ったら切る」が株式投資の基本です。

損をしている人は、切った後にすぐ上昇となったら「悔しい」と思います。しかし相場ではこのような考え方はとらないほうが良いと思います。仕掛け後、おかしいと思ったらすぐ切る。その後再び上昇と判断したら再度仕掛ける。この手法が勝利への近道です。

相場で損をしないと言うことは絶対ありませんので「損を大きくするか小さくするか」が勝敗の分かれ道です。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する