トレンドの判定の重要性

一般的に株式投資を始めたころは、「どの銘柄が良いか」「上がりそうな株はないか」「仕手株はどれだ」などと儲かりそうな銘柄探しに一生懸命になります。

しかも大幅な値上がりを期待します。その後少し経験を積んで相場に慣れてくると、少しでも安いところで買いたいと考え、大きく押したところを狙いはじめます。

このころからチャートを利用したテクニカル分析に斜向していきます。そして数多くのテクニカル分析指標を利用し的確な仕掛けポイント探しがはじまります。

いくつかの指標を組合せて思考錯誤します。これらに多くの時間を費やし情熱を持って検証に取組み始めます。

「これだ」という指標またはその組み合わせを発見し、自分なりのルールを構築して実践に入ります。しかし、結果は思わしくない。

「こんなはずでは」と再び研究に没頭します。「これだ」と再度チャレンジするも結果は今ひとつ。

これらに膨大な時間を費やすものの希望通りの結果とはならず、疲れ果てて研究を止めてしまいます。

その後は安易なインターネットの株式情報や儲かりそうな情報収集に走ります。長年研究していたチャート分析は、今では持ち株のチャートを眺めて「うんうん」とうなづいているだけ・・・・。

売買内容を見ると、運良く儲かる時もあるが、その利益も継続性がなく一歩間違うと塩漬けになっています。

これらは大変失礼ではあると思いますが、今まで私が見てきた多くの投資家の行動パターンの例です。

「こんなに努力したのに一向に成果が上がらない」なぜでしょう。

「値上がりしそうな銘柄を選ぶ」
「できるだけ最安値で仕掛ける」

といったことは、株式投資において重要なことではあるのですが・・・。何が問題なのでしょうか。

どのような素晴らしい銘柄を選択しても、どのように最安値で仕掛けても相場全体が急落しようものならすべてアウトです。どのようなテクニカル分析指標を利用しても、相場全体の大きなうねりの判定なしでは勝てないのです。

相場の方向性の確認は、株式投資において一番難しいテーマですが、これらの判定なしに永続的な利益を確保することも難しくなります。

相場の流れに逆らっては利益も得られません。買いは「上昇トレンドの押し目を」、空売りは「下降トレンドの戻りを」が基本です。相場で勝ちぬくためには、相場の方向性の確認が一番重要であることを理解していただきたい。

相場格言 『相場はその流れにおいて把握する』

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁