短期売買?? 目先的売買??

先日ある投資家から、「短期売買とうたっているが、売買平均日数が60日では短期ではないでしょう」と問い合わせがあった。返事に困った。

短期売買の定義とは何でしょうか。ひと昔前までは3~6月ぐらいが短期で、それ以上が中期、年単位での売買が長期であったような気もするのですが。

しかし、調査しても確固たる定義はないようです。

最近はインターネットの発達により「短期」というイメージがもう少し短くなっているようです。

どのくらいの期間が短期であるか中期であるかの判断は、それぞれの投資家の判断で良いのではないかと思います。あまり問題にする必要もないと思います。

ところで、最近は短期売買から目先売買の投資家が多くなっているようです。

情報機器の発達や通信速度のアップによりリアルタイムの情報を見ることができます。

マウスをクリックするとすべての銘柄のリアルタイム株価が表示されます。毎日リアルタイム株価を見つづけていると、どのような現象が起こってくるでしょうか。

実際に株式投資を行なっている投資家が、秒単位で変動する株価を毎日眺めていると売買期間が非常に短くなってくるというデータがあります。

たしかにリアルタイムでみていると実際にはその株価変動幅は小さいのですが、その変動に一喜一憂す
ることになります。

ある意味では刺激的ではあるのですが、はたしてその成果はいかがでしょうか。

リアルタイムの株価を長い期間にわたり見つづけていると、これらが習慣化され一日でも株価を見ないと落ち着かなくなります。いわゆる「株中毒」症状になります。

株式投資は「森を見て木を見る」と言われています。「株中毒」になってしまっては森も木も見えないことになってしまいます。

リアルタイムの株価を見るなと言うことではなく、あまり株価の目先的な変動に振り回されて自分を見失うことがないようにということです。

一般に短期売買でも中期売買でも儲からない投資家が、ディトレードや目先的な売買で儲かるとは思えません。

短期、中期で売買されて一年間で損する金額をディトレードや目先的な売買をすることにより一ヶ月間で損してしまうことのないようにご注意ください。

最近はストップロスなどの逆指値ができる証券会社もあります。

これらはリアルタイム株価に「気配値」として表示されます。

しかし、これらは「売買する相手に対し、私はこの値段で売買します」と前もって公開しているようなものです。こちらの手の内をすべて見せていることになります。これらをプロは見ています。

資金さえあれば初心者でもプロでも同じ土俵で勝負することになります。目先的な売買するのであれば、これらのことも十分認識した上で実践されるべきです。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁