失敗の原因は三つある

相場急落時には、投資家の投資に対する適正度が判明するときでもあります。「困った、困ったどうしよう」「新聞の株価欄を見るのもいやだ」「明日の相場が気になり仕事が手につかない」などと、うろたえているようでは投資家としての資質が問われることになります。

投資家であれば、相場急落時には誰でも多少なりのショックを受けるものです。株式投資を実践中であれば、そのようなことはいつでもあることで、儲けることばかり考えていないで、その対策は常に考えておく必要があります。

自分なりの売買ルールを構築し、もし、このラインより株価が下回ったら損切りするなどと決めておいたが、急落のすごさにあっけに取られて、その損切りルールも実行できなかったという経験のある投資家もいるのではないでしょうか。せっかくルール厳守でスタートしたにもかかわらず・・・。

人間は誰でも失敗する。その失敗の原因は三つある。「間違った判断」「決まりを守らない」「不注意」の三つである。これらを解説するまでもないが、株式投資において考えてみれば。

「間違った判断」・・・株式投資の知識が少なく、儲けたいという欲だけで売買している。また、投資に対する考え方が基本的に間違っている場合、たとえば、株式投資は情報の先取りであるとか、株価は材料によって変動するなどと考え、その材料探しに躍起になっているなど。このような基本的な間違いをしている投資家は何十年投資活動をしても報われることはない。

「決まりを守らない」・・・自ら作った売買ルールを守れない。投資経験が浅いというか、意思が弱いというか、欲と感情が優先し、構築したルールがすべてご破算になってしまう。分析システムを利用しても同じである。決められた売買ルールを素直に実行できないということも同様です。これらは、株式投資以前の投資家自身の性格に依存する部分が多いので、投資家自身が解決しなければならない。誰も助けてはくれない。

「不注意」・・・これは誰でもあることです。株式投資の場合は、銘柄選択や仕掛け時、決済時のルールをノート等に書き出しておいて、それらの実行時に毎回必ずノートに書き記したルールに照らし合わせ実行すれば、うっかりミスなどは避けられるのではないでしょうか。

失敗は誰でもします。失敗から得られるものは、成功から得られるものより多いのではないでしょうか。失敗は多くの教訓を与えてくれます。その教訓をいかに生かして今後の判断や決断に役立てて自分のものにできるか。資質が試されるところではないでしょうか。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

売買における悩みや苦悩を解消するには(その2)

処分しようか持続しようか散々悩んだあげく、処分したらそこが安値だった。
持続したらそのまま下げてしまった、などの苦い経験もあると思います。私自身もこのようなことは何度も経験しています。皆さんは、このような時にどのような対処をしているのでしょうか。学習効果はあったでしょうか。

前回の「多くのダマシにあい途中でやめてしまった」や「散々悩んだあげく、最悪の選択をしてしまった」に共通するものは何でしょうか。これらに共通することは、投資家が追い詰められた状態、選択を迫られた状態であると思います。これらは、投資家には避けて通れない問題ですが、辛いものがあります。

投資家は、常に二者択一の選択に迫られ、そのつど思い悩み苦痛を味わいます。この苦痛を引きずることにより、次の選択で更に間違いを起こすことになります。これらの負の連鎖を断ち切る方法はないのでしょうか。

これらは投資家自身の問題であり、基本的には投資家自身が解決しなければならない問題ではありますが、その対策は何かないものでしょうか。これらの解決策を私自身の体験からお話してみたいと思います。これらはすべての投資家に当てはまるかは疑問ではありますが、ひとつの考え方として理解してください。

まず、多くのダマシにあった場合についてですが、一般に多くのだましにあうと不安が生じます。このまま続けても良いものかと。この不安を解消するには、現在利用している売買手法が信頼できるかにかかってくると思います。信頼できる売買手法であれば多少の不安はあるものの、続けることは可能となるはずです。

すると、「今利用している投資手法が信頼できるかわからないから不安になるんだよ」という意見が返ってきます。まさにその通りです。では、現在の売買法が信頼できるか否かの判断が必要になってきます。これらはどのように判断すればよいのでしょうか。

たしかに、「この売買システムはいいよ」と言われてもすぐに信用する人はいないでしょう。そこで提案ですが、いくつかの売買システムがあったとしたら、現在自分で売買している売買手法はそのまま実行しつつ、平行してそのほかの売買手法の模擬売買をすることです。しかも、それらを長い時間をかけて忠実に行うわけです。

この方法であれば複数の売買方法を同時に模擬売買できるはずです。現在売買している方法をやめて、新しい売買手法に全て切り替えてしまうから不安が生じてくるのです。模擬売買は長期間にわたり行うことが必須です。

売買システムの信頼性は、投資家自身が時間をかけて検証しなければ自分のものとならないはずです。長い時間をかけて、これらの模擬売買の中から自分に合った信頼できる売買手法を選択していくわけです。

「散々悩んだあげく、最悪の選択をしてしまった」については、明確な売買ルールを持っていないためです。これらも上記のように、長期間の模擬売買によって信頼できる売買システムの採用により解決できるものです。信頼できるシステムは、迷ったときの心のよりどころとなるのです。私は、これらの方法により長い間、相場の世界で生き残っているのです。

株式投資には、常に悩みや苦悩が付いて回るものです。これらを解決する方法は、明確な売買ルールを持った信頼できる売買システムによる運用にあると考えます。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

売買における悩みや苦悩を解消するには(その1)

私は相も変わらず深夜までシミュレーションを行っています。システム構成やパラメータの設定において、やや壁に突き当たった感はありますが、これらの作業の中で小さな発見もいろいろとあります。

株式投資において、その売買には「ダマシ」というものがあります。株価が上がると判断し買い付けしたものの、意に反し株価は下降してしまった。そこで損切りを実行した。しかし、損切りしたとたんに上昇してしまったなど、まったく株価変動に対して逆の売買をしてしまった。このようなダマシは、通常の売買において半分程度はあるのではないでしょうか。

このようなダマシは、もちあい期に多く見られます。特にシステム売買においては、このようなダマシが連続して発生し閉口させられます。もちあい期に発生するダマシは、高値から下げての調整期、または安値から上げての調整期に見られるものですが、できれば避けて通りたいものです。

しかし、これらのダマシを削除するプログラムを実行すると、絶好の仕掛けタイミングも削除してしまうという結果にもなります。これらは常に、いたちごっこで、こちらを立てればあちらが立たず状態になります。

売買実践中にルールに従い売買するものの、売買がすべて逆となりうんざりしてしまう。そして、やり切れないとその売買をやめてしまう。しかし、売買をやめたとたんに株価が大きく変動してしまった。「失敗した、もう少しがんばって続けていれば良かった」という経験はなかったでしょうか。このような失敗から何かを学んだでしょうか。

これらを株価変動の視点から見れば、ダマシがあるということは、その時期は相場の転換点であり、また相場の熟成期であり、次のステップへの準備期間であると言えます。これらをシミュレーションの視点から見ると、多くのダマシの後には、相場は大きく上昇または下降していることが良くわかります。これらのことから、相場では、ある程度の忍耐も必要となってくるのではないでしょうか。ただし、これらも「損小利大」の売買手法での売買であるという前提ですが・・・。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

売買手法や分析ソフトが機能しない!(その2)

問題点である売買手法については、どのような売買手法でも良いのですが、最終的には「損小利大」の手法であれば、継続運用すれば利益が出るはずです。

しかし、損小利大の売買手法であっても、昨年のようなもちあい相場では利益が上がりません。このような時、投資家は今まで信じてきた投資手法であっても、もちあい相場により、その手法に不信感や不安を抱き別の投資手法に乗り換えてしまうのです。

投資家は常に右肩上がりの収益を期待しています。しかし、現実はそうではないことも知っています。これらの矛盾に突き当たったときに悩み始めることになるのです。この手法を信じていいものか、この手法で継続して行って利益が上がるものかと考え始めるものです。

もし、その手法が「損小利大」に基づくものであれば続けるべきです。投資においてすべて右肩上がりの収益は望めないものです。その運用中には収益の横ばいや多少の収益悪化は避けては通れないものです。しかし、投資家はこれらが許せないのです。投資手法を渡り歩く原因はここにあるのです。

今後の相場展開など誰にもわからないのです。投資家は不安の中で売買しています。
何を心のよりどころにして運用していくか、何を信じて売買していくか考えなければなりません。

私は「損小利大」に基づく売買手法であれば、それを信じて売買を継続することをお奨めします。それ以外の売買では、今後、一生株式投資を続けて行っても収益が上がることはないでしょう。なぜなら「損小利大」が投資の必勝法だからです。

今までいろいろな売買手法を試みてきた、また、あらゆる分析ソフトを利用して売買を繰り返してきた。しかし、収益が上がらない。なぜでしょうか。

それは、売買手法や分析ソフトが機能しないのではなく、投資家自身が機能していないからです。このことを理解すべきです。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

売買手法や分析ソフトが機能しない!(その1)

時代の流れは日々変化し進化していくものです。特にIT技術の進歩はめまぐるしく、次々と新しい技術が発表されています。このような中で、投資の世界でも新しい投資技術の発達にもすばらしいものがあります。

デリバティブ投資などは最先端の投資手法ではないかと思います。また、アメリカ市場にヘッジファンドが上場されたとも聞いています。このように投資市場でもめまぐるしい変化が起きています。

このような投資環境の中、我々個人投資家はどうでしょうか。相も変わらず「上がりそうな銘柄はないか」「何か材料はないか」「相場は上がるか下がるか」と一喜一憂しているのではないでしょうか。私も30年近くこの業界におりますが、常々感じることは「投資家の心理はいつも同じ」ということを実感しています。

たしかに、技術の革新は目覚ましいものではあるのですが、人間の考え方や心理が、そう簡単に変わることはないという事は理解しているつもりですが・・・。しかしながら、投資の世界で利益を上げていこうと考えるならば、投資家も旧態然とした従来の投資の考え方から脱却し、新しい投資の考え方にも目を向けていく必要があるのではないでしょうか。

ある投資家が決意を持って新しい手法で売買を始めた。最初は緊張感もあり、売買ルールに従って売買するものの続かない。どうしても主観が出てしまう。今までの運用でうまく行かなかったため、新しい売買手法に切り替えたのではないですか。

今までこのようなことを何度繰り返したものか。結局、いろいろな投資手法を渡り歩いたものの青い鳥は見つからず。

投資手法に絶対はないのですが、その投資手法に間違いがないと判断したなら続けることです。多少の収益悪化があったとしても続けることです。継続は力なりです。収益の上がらない投資家の多くは、この継続性に欠けていると思います。継続できない理由としては、売買手法に自信がない、どうしても主観が出てしまうなどであると思います。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

「ETF」って何?(その2)

個人投資家も機関投資家と同じようなリスクをヘッジして売買を継続して行くことで、より安定的な運用が可能となるはずです。

しかし、個人投資家には、このような取引はムリなのでしょうか。いいえ、そのようなことはありません。機関投資家と同じような持ち株をヘッジするシステムはあります。

そのひとつが「ETF」です。ETFとは、取引所で取引される投資信託ですが、一般の銘柄のように買いも空売りも信用取引もできます。しかも小額の資金で売買できます。これらにはTOPIX型や日経平均型などがあります。これらを利用し、持ち株のリスクヘッジに利用します。

TOPIX型であれば100口単位で売買できますので、TOPIXが1700ポイントであれば17万円(1700×100)程度で利用できます。信用取引であれば保証金が6万円程度で利用できます。

これらのETFを利用し、持ち株のリスクヘッジをするのです。大きく積み上がった持ち株が相場下落のリスクを回避するためにETFを売ってヘッジするのです。
ヘッジしながら持ち株を維持し、相場上昇とともにETFのヘッジをはずしていくという操作を行うわけです。これらによって株式投資を売買から運用というスタンスに格上げしていくことになります。

○ETFの詳細については、インターネットの検索サイトなどでお調べください。
また、最近はミニ日経先物も上場され利用しやすくなりました。

時代は日々変化しています。当然ながら投資の世界も変化しています。以前にはなかったオプション取引やスワップ取引、デリバティブ取引などテクノロジーを駆使した新しい取引手法が開発されています。

個人投資家も従来のように投資手法の模索をするだけではなく、新しい投資テクノロジーにも目を向けていく必要があるのではないでしょうか。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

「ETF」って何?(その1)

株式投資は相場の安値圏で割安な銘柄を買い付けして、その後の相場上昇を見込み持続するという手法が一般的です。これらの作業を円滑にするためには、相場を判定する技術や銘柄選択を行う優れた手法が要求されることになります。

一般に、相場の安値圏で割安な銘柄を買い付けし、その後の上昇で利食いして利益を確保しようと考えますが、相場は全てセオリー通りに展開するとは限りません。

安値圏と判断し多くの銘柄を仕掛けたにもかかわらず思い通りの展開にならず、相場は更に下降トレンドを展開することもあります。このような場合、投資家はどのような判断をするでしょうか。

大きく積み上がった買いの持ち株を抱え込み、相場下落で苦悩し不安になります。やり切れません。そこで投資家は見込み違いであったため、持ち株を全て損切りするか、そのまま持続するかなどの判断に迫られることになります。

このような状況に追い込まれた投資家の行動パターンはほとんど決まっています。

そのうち相場も上昇するだろうと期待し、持ち株をそのまま持続する。または、利益のある銘柄のみを利食いし、あとの銘柄は持続するなど。これらは最悪の結果になります。この時点では、まだ持ち株を全部処分するという勇気はありません。全株処分するのは、パニックになって冷静な判断ができなくなってからです。多くは、このようなパニック売りが出た時点で相場は底を打つものです。

一方、機関投資家の場合はどうでしょうか。機関投資家のファンドなどは買いオンリーであり、内容的には上記の個人投資家と同じではないでしょうか。プロと言われる機関投資家であっても見込み違いや失敗はあるはずです。このような場合、機関投資家はどのような対応をするのでしょうか。個人投資家のように、利益のある銘柄のみを利食いして、あとはじっと我慢して持続するのでしょうか。それともパニックになって全株処分してしまうのでしょうか。

機関投資家はそのようなことはしません。もちろん機関投資家は長期スタンスの投資であり、多少の相場の上げ下げでは動揺しません。しかし、相場下落のリスクもあります。そのような場合は、先物に繋ぐ、つまりファンド運用の銘柄は持続しながら日経平均先物などを売ってリスクをヘッジするという操作を行います。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

損切りができない二つの理由(その2)

よく、システム開発において「最大ドローダウン」という言葉を聞きますが、これは、そのシステム運用中に最大の損失幅はどのぐらいあるかということです。このように、システム開発において損失幅については最大限の注意を払います。

投資においては、その損失回数をいかに少なくするかということではなく、いかに一回当たりの損失幅を小さくするかということが重要になってきます。すなわち、投資においては、損切りが全てに優先すべきアイテムであるということが言えるのではないでしょうか。

このように損切りが重要であることはわかっています。しかし、実践においては、「どのポジションで損切りしていいか分からない」「損切りポジションは決めているが実践ではなかなかできない」といったところが現状ではないでしょうか。

確かに、これらの損切りがスムーズにできれば、今頃大きな利益を得ているはずなのですが・・・。これらが実行できない原因は二つあると思います。

ひとつは技術的な面です。一般には「10%下げで損切り」などとして損切りしますが、損切りが続いて参ってしまい、途中から損切りをやめてしまう。これにはハッキリした原因があります。それは、どのような銘柄でも一律に同じ損切り幅で損切りしようとするからです。各銘柄は、それぞれ値動きも違いますし、変動幅も違います。これらを一律に損切りすること自体間違いです。

ではどうすればよいか。基本的には「その銘柄の変動幅により損切り幅を変化させる」と言うことです。具体的には、その銘柄の過去一年間の高値と安値を拾い出し、[(高値÷安値)=変動幅]で変動幅を算出し、その変動幅に応じて損切り幅を決めることです。変動幅の大きな銘柄は損切り幅を大きくし、変動幅が小さい銘柄は損切り幅を小さくします。

もうひとつ、これは投資家自身が解決しなければならない問題です。投資家のメンタル面です。誰も損はしたくはありません。しかし、損失は発生します。投資で損をしないということはありえませんので「損を受け入れる」「損を容認する」という気構えで挑まなければなりません。

相場では損切りしても、その後反転してしまい「しまった」と思うことも多くあります。相場においては、競輪、競馬のように、ゴールしてしまえばそれで終わりということはありません。相場はエンドレスです。エンドレスゆえに「あの時こうすればよかった」などといつまでもくよくよします。そのために損切りをためらう結果にもなっています。

メンタル面は投資家自身が解決しなければなりません。誰も助けてくれる人はいません。これらのことを十分理解し、心して投資活動を行わなければなりません。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

損切りができない二つの理由(その1)

株式投資で負けないということはない。ハイリターンの銘柄はハイリスクである。

ローリターンの銘柄はローリスクである。投資で利益を上げるということは、利益が損失を上回ることである。これらのことは周知の通りであり、投資家であればこのような投資の基本は誰でも知っていることです。

しかし、実践となるとなぜかこれらの基本を忘れてしまいます。何かが邪魔をしているのでしょうか。株式投資の利益と損失は表裏一体の関係にあります。概念的に、株式投資で損失を蒙らないということはありえないし、利益を上げるためには、その利益が損失を上回らなければなりません。

一般に投資家は利益を上げようと市場に参入してきます。投資家の考えは皆同じです。いかに大きな利益を上げるかに集中し、その売買手法を模索し続けているようです。株式投資の利益と損失の関係はシーソーのようなもので、相対的に損失が増えると利益が減り、利益が上がれば損失は減少する傾向にあります。

このように、利益と損失は表裏一体の関係にあるわけですから、いかに利益を上げようと模索することも結構ですが、反対に、いかに損失を減らすかという努力も必要となってきます。損失を減らすということは、翻れば結果的に利益を上げるということにほかならないと考えますが、いかがしょうか。

ほとんどの投資家は、常にいくらまで上がるだろうかと上だけしか見ていない。下は見ていない。株式投資の必勝法は「損小利大」にあるわけですから、いかに損を少なくするかということも必須の項目となるはずです。

私は、現在も引き続きシステム開発に取り組んでいますが、その内容はいかに利回りを良くするかということも重要なテーマですが、それ以上に重要なことは、いかに損失幅を少なくするかということに重点をおいて開発を進めています。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁