パニック・シンドローム

昨年のライブドア・ショックは、社会に大きな波紋をもたらしました。多くの投資家が大なり小なり影響を受けたものと思います。

ライブドア・ショックの際は、多くの情報が飛び交い、どの情報が正しく、どの情報が間違っているか分からず、投資家もこれらのおびただしい情報に混乱したことと思います。

しかし、これらのことは株式投資を実践していればよくあることです。

材料や情報による売買を否定するわけではありませんが、実際問題として、それらの材料や情報が持ち株や今後仕掛けようとする銘柄に、どのように影響していくのか分析しなければなりません。これらについては専門家でも難しいのではないでしょうか。

個人投資家は、これらの材料や情報をすべて自分サイドの都合の良いように解釈する傾向が強いのです。持ち株がストップ安になれば「どこで処分しようか」「それとも持続した方が良いか」など。また、それらの銘柄を持っていない投資家であれば、「どこで仕掛けようか」と、その受け止め方も異なってきます。

個人投資家では、これらの材料や情報の真偽を確かめる手段を持っていません。材料や情報は、だれでも自分の都合の良いように解釈します。根拠の明確でない売買では、いずれ破綻します。情報過多は迷いを引き起こすだけです。個人投資家は「情報・材料の最終受信者」であることを自覚すべきです。

情報や材料で売買すると、その根拠の真偽が分からないため、仕掛け後に株価が思惑と反対の方向に行くと投資家はうろたえます。そして、パニックに陥ります。なぜなら、そこに明確な根拠がないからです。それは他力本願による売買だからです。このような状況に追い込まれないためには、投資家はどのような方法で売買すれば良いのでしょうか。

パニックは不安から起こるものです。不安は無知から起こるものです。無知は勉強をしていないからです。「私は一生懸命勉強しているよ。しかし、成績は良くない」と言う投資家もおります。これらは、間違った勉強をしているからです。何が正しい勉強法であるかは分からないところですが、少なくても、あいまいな情報や材料による売買は間違っていると言えるのではないでしょうか。

私は、いつも株式投資は「数値」による分析を行うよう提唱しています。「数値」は嘘をつきません。「数値」は、情報や材料と異なりだれが見ても同じです。株式投資は、投資家であれば破綻しない限り、これからも延々と売買を続けていくものです。そのような中では、ライブドア・ショックのようなものは度々起こるものです。その度にパニックに陥り、うろたえていては今後の投資活動も危ぶまれることなります。

株式投資において、パニックになるのは投資家自身に確固たる売買ルールを持っていないからです。もし、自分なりの売買ルールを持っているのであれば、どんな相場状況に陥っても、それらの売買ルールに照らし合わせ、そのルールが「処分」となれば処分すればいいし、「持続」となっていれば、そのまま持続すればよいわけです。その売買ルールに照らし合わせ、売買の判断を下せば良いのではないでしょうか。パニックになって、あわてて持ち株を処分してしまい、その後、上昇してしまい「しまった」という経験はありませんでしたか。それらの売買ルールに従えば何もパニックになることはないと思います。

1.自分の確固たる売買ルールがないからパニックに陥るのです。
2.売買ルールは、数値分析により構築するものです。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁