投資パフォーマンス

よく、システムのパフォーマンスについて問い合わせを受けることがある。確かに、パフォーマンスは大きな関心事であることは理解できる。

しかし、そのパフォーマンスは結果であり、そのパフォーマンスを生み出すのはシステムを構築する際の理論や分析手法である。これらが間違っていれば、一時的に収益を上げることができても、トータルパフォーマンスは期待できない。反対に現在パフォーマンスが悪くても、投資理論や分析手法が納得できるものであれば、継続するべきである。

根拠のないものはいずれ破綻します。例えば、株価チャート等で多くのテクニカル指標を組み合わせて最適化を行っても実際の運用には役に立たない。これらについては、実際にこれらを利用した投資家の方には理解いただけると思います。

投資経験の少ない投資家は、目先のパフォーマンスのみに期待し、相場の全体像を見ていない。常に連戦連勝を期待し、すぐに利益を期待する。株式投資は「長期間にわたる継続運用」であることを理解して欲しい。はやる気持ちは理解できますが、もう少し腰を落ち着かせ売買されることを願うものです。

また、どのようなすばらしい分析システムを利用しても常に計算どおりの収益が上がるものでもない。機関投資家のパフォーマンスも市場平均を上回ることは非常に困難であるということも事実です。これらを理解しないで、手持ち株のみの評価で云々するのはちょっと的外れのような気もするのですが・・・。

一般的に投資成績を評価する場合は、市場指数である日経平均やTOPIX等と対比させ評価するべきです。

多くの投資家は、あるシステムで売買を行い利益が上がれば継続し、利益が上がらなければ他のシステムに乗り換える。しかし、これでは継続的な運用とならず、その収益も安定しない。そこで、利益の上がった時の相場展開を見ていただきたい。利益の上がった時は、相場上昇期ではなかったでしょうか。利益の上がらなかった時は、相場がもちあい期か下降期ではなかったでしょうか。

少々意地悪な話ですが、相場上昇期であれば分析システムを利用しなくても儲かったのではないでしょうか。ただ買って持っているだけでも儲かったのではないでしょうか、かつてのバブル期のように・・・。

相場上昇期であれば、分析システムを利用しても利用しなくても、どのような売買手法であっても、極端に言えば、でたらめに売買法でも儲かるのです。しかし、問題は、もちあい期や下降期(空売りを行うのであれば別)、転換期の売買手法です。これらの時期では、経験の少ない投資家は大いに迷い、売買システムの変更や売買手法の変更に走ります。そして、多くの投資手法を徘徊することになります。どのような投資手法でも大差はないのに。

投資家は、もちあい期や下降期、転換期であっても大きなパフォーマンスを期待します。しかし、このような状況下では納得できる収益も上がりません。まさに、このような時にこそ分析システムを利用するのです。そして、システムに忠実に売買するのです。そして、収益の上がらないもちあい期や下降期、転換期を乗り切るのです。

株式投資の収益は、相場のトレンドから得られるものです。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁