誰かに相談したくなったとき

あるとき、とある投資家から質問があった。「この急落場面を底値と判断したので仕掛けてもよいか」と。それなりの根拠があっての質問だったと思うが・・・。その投資家は、底値と判断する根拠をいくつか述べていたが、私が聞く限り、その根拠も憶測の域を脱していないように感じた。

私は、客観的な立場で現在の相場観測指数などについて説明したが、入れ込みが激しく、私の話はあまり聞いていないようであった。何のための相談であったか良く分からなかった。

私は、このような売買法を「決め打ち売買」と呼んでいる。一般的な売買おいても決め打ち的な要素は多分に含んでいるのですが、ここを底値と判断し大量の資金をつぎ込むことはいかがなものか。決め打ち的売買を否定するわけではないが、一発勝負的な売買はあまりお奨めできるものではない。なぜなら、相場の世界には「絶対」は存在しないからです。

「決め打ち売買」の場合、その後の相場展開が自分の思惑と反対に展開したときに、これは失敗であったと判断し即座に損切りできるであろうか。もし、これらの決断ができるのであれば「決め打ち売買」も悪くない。しかし、一般的に底値と判断するまでには、いろいろと検討し決断した結果であるため、その判断ミスを認め即座に損切りはできないのではないでしょうか。

投資の世界は決断の連続ですが、その決断時に多くのプレッシャーを感じるときは、その決断の多くは間違っているとも言われています。あまり入れ込み過ぎないようにしたいものです。人間は誰でも自分の判断は常に正しいと思っています。自分が正しいと判断したら実行してみることです。しかし、その判断が間違いであったと気づいたら意地を張らず、それを認める勇気も大事なことではないでしょうか。特に相場においては・・・。

投資においては、その体験の過程の中で失敗しながらも学習し、それらが経験として積み上がっていくはずです。その学習効果は、今後の判断や決断に活かされてくるのが一般的なのですが・・・。しかし、相場の世界では「何か」が邪魔をして、その効果が発揮できなくなるのです。そのため、同じ失敗を何度も繰り返し続けるのです。相場の世界は、一般社会と異なり特殊な世界であるということを認識すべきです。

ここに、相場に対する考え方について、投資家の心理をうまく表現した話があります。それは、もし、持ち株が引かされるなどして、その判断に苦慮して誰かに相談したくなった時、「その時は、その持ち株を処分する時期である」と。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁