世界で一番簡単な売買手法(その2)

前回お伝えした手法を無条件に実践したとしても、株式投資で絶対にしてはいけないこと、つまり「塩漬け」は完全に解消されるでしょう。「塩漬け」がなくなることにより、ここで初めて中級者となれます。また、上級者になるためには、利益を伸ばすことが必要条件であり、この売買法であれば、一旦トレンドに乗れば利益を限定することなく利益を伸ばすことができます。そして上級者となれるのです。

しかし、この売買法で塩漬けは解消され、利益が大きく取れることもあると説明されても実践する投資家は何人いるだろうか。何人かはチャレンジしても、だましの多さに途中で挫折して、最後には誰もいなくなるはずです。

私は、この売買法をお奨めするものではなく、一つの考え方の例として述べたもので、どのようなすばらしい売買手法、どのようなすばらしい分析ソフトを利用しても、現実的には途中で投資家の主観が入り売買続行が不可能になってしまうということを説明したにすぎないのです。株式投資でどのような売買手法、分析ソフトを利用しても利益を上げられないということの原因はここにあるのです。

株式投資は「損の続くゲームである」「リスクなくして利益なし」とも言われています。損を受け入れる、容認するという姿勢も必要となってきます。つまり、どのようなすばらしい売買手法があったとしても、それを継続実行できなければ絵にかいた餅になってしまうでしょう。実行するのは投資家自身なのですから。

株式投資には、売買手法を云々する前に「実行する」「継続する」という忍耐力も必要であるということを自覚していただきたい。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁