継続は力なり

もちあい相場では、損切りが多くなかなか儲からないというご意見をいただくことがあります。

もちあい相場ではトレンドフォローによる売買では、その売買が逆になってしまうため、うんざりしてしまうものです。では、逆張りではどうかというと、もちあい相場では最適ということになります。

しかし、もちあい相場であるということは何を基準に判断したらよいのでしょうか。もちあい相場とは、上げては下げ、下げては上げるという変動の繰り返しであることは誰でも知っている。

しかし、もちあい相場は後になってからでないと分からない。後講釈は誰にでもできます。現在がもちあい相場であっても、今後いつまで続くか分からない。現在がもちあい相場だから逆張りしようと思っても、明日から上か下にブレイクするかも知れない。結局、相場の行方など誰にも分からないのです。私は常々、思い込み売買、決め込み売買はしないようにと申し上げています。

もし、相場に上昇トレンドと下降トレンドしかなければ誰でも相場で利益を上げることができると思います。もちあい相場が株式投資を難しくしていることは事実です。しかし、相場にはもちあいは付きものです。もちあい相場をいかにしのぎ切るかが、その収益を大きく左右するものです。現在の投資手法を続けることです。「継続は力なり」です。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁