儲からない投資家のタイプ

タイプその1
株式投資に対してまったく勉強しないタイプ。銘柄選びは、証券会社や投資顧問、インターネットの株式サイトからの情報などで、とにかくすぐにでも値上がりしそうな銘柄を聞き出すことにすべてを費やす投資家。
この銘柄はどうだ、あの銘柄はどうかなどと「銘柄」の話しかしない。他力本願では成長はない。本人の価値観の問題であり、他人がとやかく言う必要はない。

タイプその2
株式投資の研究をするものの、少し売買してうまくいかないと次の手法へと次々に売買手法を変えていく投資家。
いつも不安な状態で売買している。儲からないことを売買手法の問題であると決め付け、常に新しい売買手法を追い求めている。新しい投資手法の広告などを見るとすぐ飛びつく。どこにもずば抜けた投資手法などないことに早く気づくべきである。

タイプその3
研究熱心ではあるが、その努力に反比例して成績が下がっていく投資家。
思い込みの強い性格の投資家に多いようです。「これで○○儲けました」等のノウハウ本を真剣に研究し実行に移す。これらは、もともと間違った投資手法であるため、いくら研究努力しても成績は下がるばかりです。正しい投資の基本から学ぶ必要がある。

タイプその4
「株式投資は、情報の先取りである」と思い込んでいる投資家。インサイダーまがいの情報を好んで収集する投資家。
これらの投資家が非常に多いようです。インターネットなどで常に情報を検索収集し、同じ考えの投資家仲間とブログなどで情報交換して楽しんでいる。ボロ株を買って上場廃止となっている。

タイプその5
仕掛けポジションや決済ポジションなどは理解しているものの実行できない投資家。
優柔不断であり感情や主観に振り回され、あの時こうすれば良かったと後悔ばかりしている。本人の性格に起因するものであり、感情的な売買を避けるため売買ルールを作り、これらに従って売買すべきです。

タイプその6
株価チャートを見ないと落ち着かない、特にリアル株価チャートを毎日見ているタイプ。
リアル株価チャートを見続け、次の株価展開など予想しながら結局、市場が終了するまで見てしまう。売買は、どんどん目先的な売買になってしまい、儲けが小さくなる。株中毒症状。もう少し時間を有効に使いたい。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁