勝者と敗者の分かれ道(その2)

ある投資家がこのようなことを言っていました。

『私は、相場についてはあまり知識も無く、勉強してもすぐ忘れてしまう。しかし、相場が好きなので、今まで何とか頑張ってきました。売買の方法もそんなに難しい方法ではありません。

できるだけ損を少なくする方法で売買してきました。自分の決めた損切り幅で損切りするだけです。たしかに、損が続くときは辛くもなりますが、いろいろ考えても損は損ですから最初に決めた損切り幅で損切りします。

利益となった場合は、仕掛け後の*【高値から一定の幅を持たせ】、その値段になったら利食いします。ほとんどこれだけで20年も売買しています。私には他の方法は向いていませんし、これからもこの方法で好きな相場を続けていきますよ。』

上記の*【高値から一定の幅を持たせ】とは、トレイリング・ストップという手法です。

トレイリング・ストップとは、反対売買するときに利益を確保しながら利益を伸ばすための手法を言います。買い仕掛け後に株価が上昇したら、仕掛け後の高値から決められた損切り幅(たとえば高値から10%などとして)に達しない間は利食いしない。

たとえば、損切り幅を10%とした場合、100円で仕掛け、その後株価が120円になったら120円の10%下の108円になるまで利食いしない。株価が更に上昇して150円になったら135円になるまで利食いしない。このようにして、株価が上昇するたびに売却するラインを上げていくことで、利益を確保しながら利益を伸ばして行く手法をトレイリング・ストップと言います。

上記の投資家の投資手法は非常にシンプルな手法ではありますが、そこには、投資の基本である「損小利大」の考え方がしっかりと反映されていることを理解してください。理にかなえば、必ず利益は得られるものです。

投資家が百人いれば百通りの売買法があると言われています。どのような売買手法でも、「理にかなった、自分に合った、自分の信じる売買手法」で継続して売買したいものですね。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

上総介氏の投資手法を期間限定で初公開!

250万円で始めて2億円を稼ぎだした人気トレーダー上総介氏の投資手法を動画で初公開しています。期間限定の公開となりますので、お早めにご覧ください。
slide1
【2月7日(木) 18:00 第1回動画公開スタート】
「15分で約27万円の利益をあげた逆張りトレード手法」
1回目の映像では13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 専業投資家の上総介氏が実践している投資方法の中からデイトレードについて 非常に有効な方法を事例や根拠とともに紹介しています。

【2月11日(月) 18:00 第2回動画公開スタート】
「上総介の2%ルールとは?」
2回目の映像では上総介氏がスイングトレードにおける、 損切りやポジションサイジング、また、利益確定の位置などの設定方法を 具体例を用いてお伝えいたします。その他、投資の正しい考え方や、 人間心理の理解についても合わせてお話します。

【2月14日(木) 18:00 第3回動画公開スタート】
「利益を最大化する防御の理論」
3回目の映像では上総介氏が自身のトレードの土台としている 「防御の理論」について、その理論や考え方についてお話します。 この防御の理論は13年間の株式投資で資産を2億円に増やした 上総介氏の成功の秘訣となっていますので必見です!

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する