勝者と敗者の分かれ道(その2)

ある投資家がこのようなことを言っていました。

『私は、相場についてはあまり知識も無く、勉強してもすぐ忘れてしまう。しかし、相場が好きなので、今まで何とか頑張ってきました。売買の方法もそんなに難しい方法ではありません。

できるだけ損を少なくする方法で売買してきました。自分の決めた損切り幅で損切りするだけです。たしかに、損が続くときは辛くもなりますが、いろいろ考えても損は損ですから最初に決めた損切り幅で損切りします。

利益となった場合は、仕掛け後の*【高値から一定の幅を持たせ】、その値段になったら利食いします。ほとんどこれだけで20年も売買しています。私には他の方法は向いていませんし、これからもこの方法で好きな相場を続けていきますよ。』

上記の*【高値から一定の幅を持たせ】とは、トレイリング・ストップという手法です。

トレイリング・ストップとは、反対売買するときに利益を確保しながら利益を伸ばすための手法を言います。買い仕掛け後に株価が上昇したら、仕掛け後の高値から決められた損切り幅(たとえば高値から10%などとして)に達しない間は利食いしない。

たとえば、損切り幅を10%とした場合、100円で仕掛け、その後株価が120円になったら120円の10%下の108円になるまで利食いしない。株価が更に上昇して150円になったら135円になるまで利食いしない。このようにして、株価が上昇するたびに売却するラインを上げていくことで、利益を確保しながら利益を伸ばして行く手法をトレイリング・ストップと言います。

上記の投資家の投資手法は非常にシンプルな手法ではありますが、そこには、投資の基本である「損小利大」の考え方がしっかりと反映されていることを理解してください。理にかなえば、必ず利益は得られるものです。

投資家が百人いれば百通りの売買法があると言われています。どのような売買手法でも、「理にかなった、自分に合った、自分の信じる売買手法」で継続して売買したいものですね。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【5月16日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【5月20日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像ではイベント投資について、公募増資というイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は年間の収益機会が多い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がイベント投資の利益を爆発的に増やすためにもう一つのイベント投資を公開します。

【5月23日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。また、後半ではイベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する