「ETF」って何?(その1)

株式投資は相場の安値圏で割安な銘柄を買い付けして、その後の相場上昇を見込み持続するという手法が一般的です。これらの作業を円滑にするためには、相場を判定する技術や銘柄選択を行う優れた手法が要求されることになります。

一般に、相場の安値圏で割安な銘柄を買い付けし、その後の上昇で利食いして利益を確保しようと考えますが、相場は全てセオリー通りに展開するとは限りません。

安値圏と判断し多くの銘柄を仕掛けたにもかかわらず思い通りの展開にならず、相場は更に下降トレンドを展開することもあります。このような場合、投資家はどのような判断をするでしょうか。

大きく積み上がった買いの持ち株を抱え込み、相場下落で苦悩し不安になります。やり切れません。そこで投資家は見込み違いであったため、持ち株を全て損切りするか、そのまま持続するかなどの判断に迫られることになります。

このような状況に追い込まれた投資家の行動パターンはほとんど決まっています。

そのうち相場も上昇するだろうと期待し、持ち株をそのまま持続する。または、利益のある銘柄のみを利食いし、あとの銘柄は持続するなど。これらは最悪の結果になります。この時点では、まだ持ち株を全部処分するという勇気はありません。全株処分するのは、パニックになって冷静な判断ができなくなってからです。多くは、このようなパニック売りが出た時点で相場は底を打つものです。

一方、機関投資家の場合はどうでしょうか。機関投資家のファンドなどは買いオンリーであり、内容的には上記の個人投資家と同じではないでしょうか。プロと言われる機関投資家であっても見込み違いや失敗はあるはずです。このような場合、機関投資家はどのような対応をするのでしょうか。個人投資家のように、利益のある銘柄のみを利食いして、あとはじっと我慢して持続するのでしょうか。それともパニックになって全株処分してしまうのでしょうか。

機関投資家はそのようなことはしません。もちろん機関投資家は長期スタンスの投資であり、多少の相場の上げ下げでは動揺しません。しかし、相場下落のリスクもあります。そのような場合は、先物に繋ぐ、つまりファンド運用の銘柄は持続しながら日経平均先物などを売ってリスクをヘッジするという操作を行います。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する