「ETF」って何?(その2)

個人投資家も機関投資家と同じようなリスクをヘッジして売買を継続して行くことで、より安定的な運用が可能となるはずです。

しかし、個人投資家には、このような取引はムリなのでしょうか。いいえ、そのようなことはありません。機関投資家と同じような持ち株をヘッジするシステムはあります。

そのひとつが「ETF」です。ETFとは、取引所で取引される投資信託ですが、一般の銘柄のように買いも空売りも信用取引もできます。しかも小額の資金で売買できます。これらにはTOPIX型や日経平均型などがあります。これらを利用し、持ち株のリスクヘッジに利用します。

TOPIX型であれば100口単位で売買できますので、TOPIXが1700ポイントであれば17万円(1700×100)程度で利用できます。信用取引であれば保証金が6万円程度で利用できます。

これらのETFを利用し、持ち株のリスクヘッジをするのです。大きく積み上がった持ち株が相場下落のリスクを回避するためにETFを売ってヘッジするのです。
ヘッジしながら持ち株を維持し、相場上昇とともにETFのヘッジをはずしていくという操作を行うわけです。これらによって株式投資を売買から運用というスタンスに格上げしていくことになります。

○ETFの詳細については、インターネットの検索サイトなどでお調べください。
また、最近はミニ日経先物も上場され利用しやすくなりました。

時代は日々変化しています。当然ながら投資の世界も変化しています。以前にはなかったオプション取引やスワップ取引、デリバティブ取引などテクノロジーを駆使した新しい取引手法が開発されています。

個人投資家も従来のように投資手法の模索をするだけではなく、新しい投資テクノロジーにも目を向けていく必要があるのではないでしょうか。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する