売買における悩みや苦悩を解消するには(その1)

私は相も変わらず深夜までシミュレーションを行っています。システム構成やパラメータの設定において、やや壁に突き当たった感はありますが、これらの作業の中で小さな発見もいろいろとあります。

株式投資において、その売買には「ダマシ」というものがあります。株価が上がると判断し買い付けしたものの、意に反し株価は下降してしまった。そこで損切りを実行した。しかし、損切りしたとたんに上昇してしまったなど、まったく株価変動に対して逆の売買をしてしまった。このようなダマシは、通常の売買において半分程度はあるのではないでしょうか。

このようなダマシは、もちあい期に多く見られます。特にシステム売買においては、このようなダマシが連続して発生し閉口させられます。もちあい期に発生するダマシは、高値から下げての調整期、または安値から上げての調整期に見られるものですが、できれば避けて通りたいものです。

しかし、これらのダマシを削除するプログラムを実行すると、絶好の仕掛けタイミングも削除してしまうという結果にもなります。これらは常に、いたちごっこで、こちらを立てればあちらが立たず状態になります。

売買実践中にルールに従い売買するものの、売買がすべて逆となりうんざりしてしまう。そして、やり切れないとその売買をやめてしまう。しかし、売買をやめたとたんに株価が大きく変動してしまった。「失敗した、もう少しがんばって続けていれば良かった」という経験はなかったでしょうか。このような失敗から何かを学んだでしょうか。

これらを株価変動の視点から見れば、ダマシがあるということは、その時期は相場の転換点であり、また相場の熟成期であり、次のステップへの準備期間であると言えます。これらをシミュレーションの視点から見ると、多くのダマシの後には、相場は大きく上昇または下降していることが良くわかります。これらのことから、相場では、ある程度の忍耐も必要となってくるのではないでしょうか。ただし、これらも「損小利大」の売買手法での売買であるという前提ですが・・・。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁