リスクはヘッジで防ぐ(その1)

先日「あなたはテクニカル分析を中心に株式投資を行っているようだが、P&F(ポイント&フィギュア)は分析指標として使えるかね。ストキャスティックスはどうかね。MACDは・・・」と矢継ぎ早に質問された。「時期を選んで利用すれば使えるかも・・・」と、差し障りのない返事をした。

自分で検証手段を持たない投資家であれば実践者に尋ねて、その効果のほどを確かめる程度しかないのかもしれない。確証のない分析指標を利用し、大きな資金を投入して相場を張るのは不安が残る。不安の中で売買するから迷う。迷うから失敗するという悪循環が始まる。

裁量的トレーダーの多くは、それなりのテクニカル分析などのルールを持って売買に入るものの、その最終判断には体験的、主観的、勘などにより下される場合が多い。一般的な投資家のほとんどが裁量トレーダーであると言われています。

自己裁量のトレーダーとして成功するには、どのような状態におかれても平静に売買ができる強靭な精神、自分の能力に対する絶対的な自信、そして自信を裏付ける豊富な経験、感覚的に相場を判断できる持って生まれた類いまれな才能が必要となります。投資家の皆さんには、このような自己裁量のトレーダーとしての自信がありますか。

豊富な経験もないし、研ぎ澄まされた感覚も持ち合わせていないとすれば、裁量でトレードしても成果は上がらないことになる。また、株式投資を別な角度から見れば、トレードとはジェットコースターに乗っているような歓喜と恐怖の連続となるため、この興奮や感覚がたまらない。だから株式投資はやめられないと言う投資家もいるかもしれない。それはそれでよい。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する