絶対リターン(その1)

投資家が株式投資をスタートするにあたっては、右肩上がりの収益を望み、その収益を再投資して複利的な利益を期待するものです。投資家であれば誰でも願うところです。

しかし、実際の売買においては、その収益が安定せずやきもきします。収益が安定しないのはまだ良いとしても、大きく元金を減らしては元も子もありません。現実は現実として、投資家は右肩上がりの収益になるよう努力しなければなりません。

株式投資では、そのリターンを大きくすることもさることながらリスクに対しては最大限の注意を払わなければなりません。リスクとリターンは天秤のように、リスクが下がればリターンが上がり、リスクが上がるとリターンは下がります。

投資家はもう少しリスクについて敏感にならなければなりません。大きなリターンを得るにはリスクを最小限にとどめることです。そうすることにより、理想である右肩上がりの収益も可能となるはずです。

現実問題として、もちあい相場ではその収益が上がらないことは事実です。私の運用しているファンドも持ち合い相場では相場同様もちあい状態です。しかし、その評価を大きく下げるようなことはありません。評価益が多少増減する程度です。投資家にとって投資金および収益が大きく減少することは絶対に避けなければなりません。

投資家は、相場がどのような状況になろうとも投資金(元金)が割り込むようなことがあってはなりません。「相場がどのような状況になろうとも」です。相場がもちあいであろうと、急落しようと、急騰しようと、どのような状態であっても「絶対リターン」を確保しなければなりません。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁