絶対リターン(その2)

「絶対リターン」を確保するためには、どうしても今後の相場展開を当てなければなりません。しかし、現実的にはムリです。何回か相場の見通しを当てて投資金が膨れ上がったとしても最後に外れてしまえば大きな損失になります。実際に、私の知り合いの投資家は、巨大に膨らんだ資金が、今では3分の1以下になってしまったようです。

株式評論家達は、もっともらしく今後の相場展開を予想していますが、もしその予想が当たるのであれば、自分で投資したらいかがでしょうか。昔からよく言われています。「評論家はいろいろ知っているが、実際にやらせたら下手」と。評論家などの解説を聞くより、自分自身で判断したほうが良いと思います。たとえ失敗したとしても、それは経験として積み上がってくるからです。

もし、強い気で買い進み、そこで暴落にでもあったらどうしますか。もし、相場が今の水準から大きく急落したらどうしますか。その可能性は常にゼロではないと思います。新興市場などを見るとよくわかるのではないでしょうか。投資家は、どのような状況におかれても投資金は死守しなければなりません。そして収益を上げなければなりません。

相場が下落するときには投資を減らし、キャッシュポジションを高くしておくと言われています。これは正しい考えです。しかし、「相場が下落するとき」は何によって判断するのでしょうか。もし、それらの見通しが正しかったとしても、キャッシュポジションが高ければ資金効率は落ちます。相場の見通しは、後になれば誰でもその理由付けはできます。我々投資家は評論家ではないのです。

絶対リターンを求めるのであれば、ポジション比率などにより持ち株を売りポジション、買いポジションに分けて、相場変動に伴いこれらを変化させる売買以外にはないと思います。リターンはヘッジするため多少減るものの、絶対リターンを求めるのであれば、この方法がベストであると考えます。これらによりヘッジ機能が働き大きなリスクは回避されることになります。ヘッジファンドのように。

一般に投資家は、上がりそうな銘柄やその業績云々に神経を尖らせているようですが、投資の本質から考えますと、まず投資金の資金配分や資金効率という大きな視点から判断していく必要があると考えます。

私の分析システムでは、短期であれ長期であれ、それぞれに相場観測指数やポジション比率が表示されます。これらの指標はおおむね相場展開を捉えていると思います。今後の相場展開を予想することはムリですが、少なくとも現在の相場状況が理解できるだけでも、投資金に対する大きなリスクは避けることは可能です。

投資金を減らさず、右肩上がりの収益を確保するには、やはり相場観測指数やポジション比率などの助けが必要となってくるのではないでしょうか。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁