システム売買に集約される?(その1)

もちあい相場で収益を上げるには急落時などでの逆張りが効果的ではありますが、相場が大きくブレイクした場合などには、大きくやられてしまうという欠点もあります。いずれにしろ、膠着相場では忍耐も必要となってきます。

システム売買については、一般にはあまりなじみのない売買手法ですが、私は今後、投資の世界では、その投資手法はシステム売買に集約されていくのではないかと考えています。投資先進国ではこのような傾向が顕著に見られます。情報や材料による売買、証券会社からのアドバイス、根拠の薄い売買手法などの従来型の売買は衰退していくものと考えます。

現在、株式投資を実践している投資家においては、株式投資を専業したいと思いつつも株式投資を専業としている方は非常に少ないと思います。会社勤めなどをする傍ら株式投資を実践している方がほとんどではないでしょうか。つまり、本業を持ち、それらを主たる収入として株式投資を行っているというのが現実かと思います。

しかし、いずれはリタイヤする時期が来ると思います。リタイヤ後の収入は年金頼みとなりますが、その年金も今後どのようになるやら・・・。もし、今後も株式投資を続けていく考えであれば、リタイヤ後も株式投資を続けることになります。

現在は主たる収入があるため、株式投資もスリルに満ちた売買も可能ですが、リタイヤ後もそのような売買が続けられるでしょうか。虎の子の退職金を大きなリスクにさらすことはできるでしょうか。

本来、株式投資においては常にリスクを抑えて運用しなければなりません。とは言うものの、相場の世界で損を避けることはできません。要は損をしないということではなく、損を小さくするということになります。株式投資では、損切りせず持続しておいたほうがよかったというケースも多いと思います。しかし、これらの考え方は間違いです。これらは結果論であり、もし、その反対の方向に相場が展開したとしたら目も当てられないことになります。やってはならないことです。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁