投資スタイルの究極は・・・(その2)

長年投資活動している投資家は、意識するしないに関わらず、またその収益に関わらず自然と自分の投資スタイルができ上がってくるものです。もし、この時点で収益が上がらないようであれば、残念ながら今後投資活動を続けても望むような収益を上げることは無理です。

なぜなら、すでに自分の投資スタイルができ上がっており、他の売買手法など受け入れない体質となっているからです。年を取って頑固親父になるように・・・。このような体質になった投資家が、儲からないからといって新しい分析システムにチャレンジしてもすぐに「これはダメだ」となってしまいます。

典型的なのはシステム売買です。投資家の判断を一切受け入れないシステム売買では、数回売買すると苦痛を感じてきます。苦痛を感じる売買など続くわけがありません。

私は以前、老相場師に「相場で儲ける秘訣は何ですか」と質問したことがあります。その答えは「自分の型を持つことだよ」ということでした。重みのある答えでした。

実際に相場師といわれる投資家は、確固たる自分の投資スタイルを持っているものです。「確固たる投資スタイル」の究極は「システム売買」となるのではないでしょうか。

そう考えるのは私だけでしょうか・・・。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁