まさか、まさか(その2)

株式投資には明日の保証は何もありません。今日仕掛けた銘柄が上記のような結果にならないという保証はありません。「まさか」ということが起きるのです。株式市場は何があってもおかしくない世界なのです。

別に脅かすつもりで説明したわけではありませんが、株式投資の世界はこのようにシビアな世界であるということを理解していただきたいのです。そのためには投資家は常日頃どのような対策をするべきか考えておかなければなりません。

上記のようなケースを回避するには、まず集中投資を避けること。分散投資を心がけること。リスクヘッジをすること。新興市場のようなマニア向けの市場は避けることなどが上げられます。投資には必ずリスクが付いて回ることを理解し、常にその対策を講じながら売買することです。

株式市場で売買している投資家の中心キャリアは4~5年と言われていますので、特に、そのような投資家に対しては、これらの点(リスク回避の考え方)を強く認識していただきたいと思います。

まず儲けることより、リスク回避を先に考えるべきです。
人生には、上り坂と下り坂、そして「まさか」があると言われています。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁