デイトレード・シミュレーション(その1)

「株式投資は安いところで買って、高いところで売る」ということは常識です。これらに反論する投資家はいないと思います。このように相場の格言とも言える言葉は数多くあり、これらをよりどころにして売買している投資家も少なくないと思います。が、はたして・・・。

私は日中のほとんどを株価分析の検証に当てています。私ほど株価分析(主にテクニカル分析中心)に時間を費やしている分析者はいないのではないかと自負しています。最近はデイトレードについて研究をしています。

デイトレードは日中に仕掛けと決済を行い、建玉を翌日に持ち越さない売買です。株式市場には、デイトレードを実践している投資家は5%前後いるのではないかと見ているようです。デイトレードは時間的に片手間でというわけにはいかないと思います。非常にタフな仕事であるということは言うまでもありません。

私の友人も最近までデイトレードを行っていましたが、もう止めたと言っていました。その理由を聞くと集中力が続かないと・・・。年齢的なものもあるのかなーと思ったりしています。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁