デイトレード・シミュレーション(その2)

デイトレードを行うには瞬時に変化するデータを分析することになります。投資家により一分足、三分足、五分足などを利用します。私の分析手法は、一分足より細かなティックデータ(歩み足)を利用します。つまり、値が付いたときのすべてのデータということになります。

なぜなら、テクニカル分析手法は過去のデータをよりどころにして分析します。そのデータ量が少ないと、その信頼性も弱まってしまうためです。そのためデイトレードの分析においては、ティックデータ(歩み足)を利用するということになります。

これらのティックデータ(歩み足)をダウンロードしながら、それらを瞬時に分析するという手法です。まさにリアルタイムでの分析が可能ということになります。実際には、過去のティックデータ(歩み足)を保存しておき、これらを過去にさかのぼって分析することになります。

これらの分析において感じたことがいくつかあります。もちろん、これらの検証がすべて終わったわけではありませんので、中間発表ということになるでしょうか。

当方の基本となる手法は、「売りか買いかの転換の判定」にあります。これらの手法をデイトレード用のティックデータで分析しました。

当方の基本手法である株価の転換軸を判定し、上昇、下降を見極めるわけですが、これらの軸は分析期間にもよりますが、指数上の判定では、おおむね指数の中間程度に収まります。分かりやすく説明しますと、移動平均線(当方では利用していませんが)の上と下では、株価の分布は同程度になるという、そのような意味です。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する