デイトレード・シミュレーション(その3)

デイトレードのティックデータの分析においては、これらと同様とはならないのではないかと疑問が・・・。ティックデータによるチャートを描き、その差異も観察し、また他の角度からも分析したのですが・・・。

あまり専門的な説明になって申し訳ありませんが、要するに、一般的な日足ベースでの分析とデイトレードのティックデータによる分析は、同じ分析手法、同じ考え方で捉えると問題が生ずるということになるのではないかということです。

私なりの分析検証で分かったことは、デイトレードの場合は、日中の安値で買い付けしようとすると、更に安くなってマイナスになってしまうということです。逆に高値で買い付けしたほうが更に高くなるということです。

分析途中であるため結論は出せませんが、デイトレードでは一般的な売買のような突っ込み安を拾う逆張り手法は通用しないということが言えるのではないでしょうか。つまり、デイトレードにおいては「株式投資は安いところで買って、高いところで売る」ということは間違いではないか・・・。デイトレードでは、高いところで買って、更に高いところで売るという手法が正しいのではないか・・・。

一般に言われている相場格言のすべて正しければ、多くの投資家は利益を得ても良いはずです。しかし、実際に利益を得ている投資家は100人中、3人程度であるという現実を見てみると、何をか言わんやである。

株式投資には答えはないのです。雑音に惑わされることなく、自分を信じて頑張ってください。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁