相場観測はヘッジ比率(1)

ここ数日、東京市場はドル安・NY市場の急落を受け大幅な下落となっています。様々な場所で今回の下落の原因を解説しているようですが、そんなことは下落する前から誰でもわかっていることです。後講釈は誰でもできます。

我々個人投資家は、それらの解説に頼らず常日頃から自己防衛の対策をたてておかなければなりません。今回のような株価急落の原因は別として、株式投資には急騰、急落は付きまといます。それが相場なのです。今回のような急落でうろたえているようでは、これから先の運用も危ぶまれることになります。

では、どのような対策を講ずればよいのでしょうか。株式投資は株価の変動により、そのキャピタルゲインを求めるものですが、それらが急激であったり、また株価変動が小さすぎたりしても困ることになります。しかし、これらは相場のこと、投資家の思い通りに展開するものではありません。

「相場変動に左右されずコンスタントに収益を上げていく」ということが、投資家の理想とするものではないでしょうか。相場急変のたびに頭を抱えているようでは、
多少収益が上がったとしても、株式投資そのものがバランスの取れないものとなるでしょう。(つづく)

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁