相場観測はヘッジ比率(4)

私自身もサヤ取りを実践していたのですが、たしかに安定性はあったのですが何か物足りなさを感じていたのも事実です。

それは、相場上昇時、下降時にも買いと空売りの同等金額でのペアによる売買であったため、相場上昇時には、空売りがなければもっと儲かっていたのになあ、相場下降時には、空売りだけだったらもっと儲かったのになあ、と思っていました。誰でも抱く思いでもあるわけです。

またまた、これらの問題を解消できないかと考え始めました。今後の相場展開は誰も分からないため、また、今まで散々苦しんできたため、買いのみ、空売りのみでの売買は考えていませんでした。そこで相場上昇時には買いを多く、相場下降時には空売りを多くすればこれらの問題も解消できるのではないか・・・、と。

どうすればこれらの問題を解決できるかと研究に没頭することになりました。相場全体の変動は個々の銘柄の集約であり、個々の銘柄の損益分岐点を出して、それらを集計すれば相場全体の変動を捉えられるのではないかと考え、これらの研究に励みました。これらの詳細については、拙著「システム売買・プロのノウハウ」に記載されています。

現在では、これらをヘッジ比率(ポジション比率)として利用しています。前回もコメントしましたように、一般にはどの株が上がりそうか、どの分析指標を利用すれば儲かるかなどと論じているようですが、このような考えも暴落にでもあったらすべてご破算になってしまいます。

相場で一番重要なアイテムは相場観測であるということを自覚していただきたい。相場観測は一番難しいテーマではありますが、これらの判断ができないから株式投資で儲けることができないのです。枝ばかり見ていて森を見ていないから儲からないのです。

しかし、個人投資家ではこのような相場の判定は難しいものがあるのも事実です。ヘッジ比率(ポジション比率)は、独自の指標であり他社ではマネのできない指標です。同等の指標は見たことがありません。ぜひこれらの指標を活用していただきたいものです。以前からご利用されている投資家の方には、これらの指標の有効性がご理解いただけていると思います。

株式投資では、投資家によりそれぞれ投資スタイルを持っているものです。その売買は、投資家自身の投資スタイルで売買し、相場全体の動向をヘッジ比率(ポジション比率)に合わせながら運用するのであれば、株式投資の基本である「長期間にわたり継続して運用する」ということにも耐えられ、相場に振り回されることなく、破綻することなく株式投資を続けられることを確信するものです。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

次回は「危険な傾向です」をお送りいたします。