投資の真髄

多くの投資家は、どこまで下げるのだろうか、どこで下げ止まるかなどに注目しているようですが、そんなことは誰にもわかりません。そんなことは評論家に任せとけばよいのです。相場が今後どのようになるかなど考える必要がないのです。無駄です。どうせ分からないのですから・・・。

大儲けした投資家は浮かれていないで、その大儲けが偶然であったか自分の判断であったか自己分析しなければなりません。もし、偶然であったらそれは自分の実力ではないと悟り天狗にならないことです。偶然の儲けなどすぐに消えてしまいます。

もし、大損した投資家はその原因を詳しく分析しなければなりません。勉強不足であった、損切りができなかった、など自分の投資技術の未熟さを悟り、今後はこれらを改善すべく努力しなければなりません。

しかし、熟練した投資家でもキャリアのある投資家であっても急落時で大きく資産を減らした投資家も多いのではないでしょうか。それらの多くは、投資に対する考え方やその技法に問題があるのではないかと思います。

たとえば、カイリ率による逆張りなどですが、急落時では下げ止まり点がわからず心理的に不安な状態に陥るのではないでしょうか。さらにナンピンなどしようものならさらに不安が増大してきます。投資には不安はつきものですが、不安が続くと投資判断を狂わせるということになります。これは重要なことです。

私にも経験がありますが、持ち株が大きな評価損となり散々悩んで考え抜いた結果、「すべてを処分する」という結論に達し、すべての持ち株を処分したものの、その処分したところが底値だったという経験があります。思わず頭を抱えて「なぜだー」と叫んでしまいました。

しかし、現在ではそのようなことはまったくなく、急落時でも平然としています。逆に利益を伸ばしています。なぜ平然としていられるのか、なぜ急落した時でも利益を伸ばせるのかは賢明な読者であれば理解していただけると思います。

相場では、急落などよくあることです。急落するたびにオロオロしていたのでは、神経か磨り減ってしまい、これからの長い投資活動などできません。

以前のコメントでも解説しましたように、相場急落時には小手先の売買タイミングや銘柄選択、企業業績などすべて無視され下げてしまいます。企業業績など詳細に検証調査したにもかかわらず・・・。相場とはこのようなものです。今までの相場に対する考え方を変えなけれはならない時期ではないでしょうか。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁