投資成果が悪いときに考えること

株式の公開された指標を見てみますと、現在、投資家の多くが、成績が振るわず思い悩んでいるようです。

株式投資においては常に右肩上がりの成績を望みます。しかし、実践してみるとそうでないことがすぐ分かります。客観的に考えれば、相場は常に変動しているわけですから、スムーズな右肩上がりの成績を望むものの、なかなか思い通りにはいかないものです。

一般に、成績が悪くなると今の分析手法が悪いのではないか、このシステムが良くないのではないかと考え始めます。これらは成績が悪くなると誰でも考えることです。その原因を分析手法やシステムの問題だけに転化してよいものでしょうか。

当然ながら、分析手法やシステムに問題がある場合もあると思います。しかし、現在の相場展開も勘案しなければなりません。特に、急落から切り返しの急騰、またはその反対にと。このような場合にでも、何事もなかったように右肩上がりの成績を収めることは難しいのではないでしょうか。

分析手法やシステムにも、すべての相場展開に対応できるようなものがあるでしょうか。私が常々申し上げています「株式投資は長期間にわたり継続して運用する」というスタンスで見れば、一時的に成績がへこんだとしても、右肩上がりの傾向を維持できれば良いのではないでしょうか。

短期売買であっても長期運用であっても、継続して運用していくわけですから、成績においては、一時的な現象にとらわれず長期的な視野で見ていく必要があるのではないでしょうか。

投資の世界では、その成績は毎日デジタル的に評価が出ます。これらの結果に言い訳はできません。問答無用の世界でもあるのです。

投資成果が悪くなると、上記のように今の分析手法が悪いのではないかと考え始めます。しかし、どのような手法を使おうと成績の上がらないときはあるものです。相場の世界には完璧などないわけですが、それらを理解しつつも考え込んでしまいます。

何事も成就するまでには、いくつもの壁があるものです。いくら壁のないところを探し回っても、いつかはその壁を乗り越えなければゴールにはたどり着けないものです。この手法はダメだから次の手法へと探し回っても、戻ってくるのはまた元の位置です。

相場の世界に「これは絶対」という手法などないのです。苦しいときにこそ、その人の真価が問われるときです。苦しいときこそ、冷静になって自分の足元を見つめるべきです。

あれこれ迷わず、現在利用している分析手法を再検討し、改良を加え自分の投資手法として確立させるべきです。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁