トレンドフォロー型の問題点

株式分析手法は数多くあるけれど、その手法が「損小利大」にならなければ継続して利益を生むことはない。感情、欲の赴くまま行動すると必ず「損大利小」になってしまいます。

「損小」と「利大」で、どちらが難しいかと言いますと、当然ながら「利大」の方が難しいものです。初心者の場合は、持ち株が少しでも上がると嬉しくなります。これらと同時に「もし下がったら利益がなくなってしまう」と期待と不安が交錯し、早々に利食いをしてしまいます。

では、「利大」に比べ「損小」は簡単ではと考えがちですが、「損小」もそれなりに難しいものです。「損小」にするには損切りが不可欠となります。損切りができなければいつまでも初心者です。

そこで、損切りについて説明したいと思います。これらは、その考え方について述べるものであって、具体的な手法についての説明ではありませんのでご了承下さい。

まず、ある株価のチャートに任意に横の水平なラインを引きます。このラインは株価の中心あたりでよいと思います。そこで、そのラインを株価が上に抜いた場合に「買い」とします。反対に株価が下に抜いた場合に「売り」とします。

仮に、これらの方法で売買していったとしますと理論的には利益は発生しないことになります。しかし、これらの方法で実際に売買すると損金が発生します。もちろん売買手数料などは考慮しないとします。

実際には、そのライン上での売買ではなく、ラインを上に抜けてからの「買い」、下に抜けてからの「売り」となるわけですから、おのずとそこに損が発生します。その損の幅は統計上10%弱となります。

つまり、仕掛け後に株価が大幅に変動しない場合には、ほぼ仕掛け水準での決済となります。しかし、上記のように仕掛けと同水準で決済したとしても10%前後の損となるわけです。

では、10%前後の損になるのであれば、10%上で切ればという意見もあるかも知れませんが、それができないことは、よく考えれば分かることです。

売買手法としてはトレンドフォロー型の手法であり、株価がある程度上がって「買い」、ある程度下がってから「売り」というスタイルです。つまり、鯛焼きのあんこのところだけ取ろうとするものです。

このような手法もすべてにうまくいくと言うわけではなく、相場のもちあい時期には売買が逆になってうんざりすることもあります。しかし、この手法は基本的には間違っていないと考えています。

これらの手法を実際の売買で見てみると、仕掛け後にうまく上昇となって決済のサインがいつ出るかと見ているが、一向に決済サインが出る気配もない。やっと決済サインが出たら仕掛け水準に戻っていたということは頻繁に発生します。

「さんざん喜ばしておいて結果はゼロかよー」となる。これらについては、その本質を理解できれば納得していただけると思います。これは「利大」にするための方法であり、これらは「利大」にするための犠牲となった銘柄となります。

相場の世界は、リスク(犠牲)があってのリターン(利益)であることを考えれば当然のことではないでしょうか。リスクなしでリターンは望めないものです。これらの投資の基本についてしっかりと認識していただきたいと思います。

しかし、これらを理解しつつも現実問題として、一時は大幅な評価益があったものの、決済時にはトントンあるいはマイナスにはつらいものがあります。これらを解決する方法はないものでしょうか。底値買いの天井売りの手法が・・・。

これらを解決する方法が全くないというわけではないのですが、実際に運用となると当然ながらいろいろな問題が発生してきます。たとえば、その分析に時間がかかりすぎるなどです。最速のコンピュータでも、その計算結果が翌日になってしまうということでは現実的ではありません。

分析に時間をかければ良い結果が出ると言うわけではありませんが、簡単に計算できる手法では、あまり良い成果が得られないという現実もありますので・・・。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

株式投資実践セミナー2017年3月2日(木)~新宿開催

あなたは株式投資でこんなことを悩んでいませんか?

・どの銘柄を買えば儲かるのか
・どのような投資方法が成功への近道なのか
・損しない方法は

もしこのような疑問を抱えている方は
3月2日(木)に新宿で開催する「株式投資実践セミナー」にご参加ください。
ただいま受講料3,000円のところ無料で参加頂けます。

当日は株式投資で2008年以降年間負け無しの柳橋が、 株式投資の基礎的なことから柳橋の投資手法について講義します。

無料セミナーに参加する