市場で生き残るために(1)

一般に投資家は、売買に入る前にそれなりのシナリオを描いてスタートします。相場はこれから上昇するだろうと見込んで買いから入る。また、反対に相場は下げるだろうと予測し空売りから入る。

これらの思惑が交錯し市場は変動することになります。このように、いろいろな意見や考えがあって市場が成立することになります。これらの基本ベースにはファンダメンタルズがあります。

このような要因により株価は変動するわけですが、もし、株価変動がこれらの思惑と反対の変動になったときに投資家はどのような行動を取るのでしょうか。

初心者の場合は「少し様子を見よう」「下げたらナンピンするか」などと考え、何の行動も取らず放置します。その対策を何も考えていない。ルールを決めておいても、あれこれ自分に言い訳して実行ができない。

様子を見るのであれば、その対策を考えてから様子を見るべきであり、ただ眺めているだけでは、いつまでも初心者の域を抜けきれない。ナンピンなどは愚の骨頂である。

中級者の場合は速やかに損切りする。または、つなぎを入れる。シナリオが壊れた時は、その対策はすでに考えてあり、そのルールに従い行動する。その行動は早い。

初心者と中級者の差はその程度です。しかし、この差がのちのち大きな差となって現れてきます。この差が儲かる投資家と損する投資家の違いです。要するに自分が決めたルールを実行できるか否かにかかっているような気がします。

株式市場は自由市場であり、誰がどの銘柄を買おうと売ろうと実行しようと実行しまいと自由です。我々の現在の社会もあらゆる自由があり、その中で生活をしています。しかし、社会の秩序を保つため法律(ルール)があり、これらに守られて生活をしています。社会を乱す行為(法律違反)を行なうと罰せられます。

株式市場においても、自分が作り上げたルールも守れないようでは、当然ながら罰せられることになります。損失とか市場からの退場などの罰が下されます。

つづく

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁