安定した収益を上げるために(2)

このような考えも間違いではないのですが、投資の安定性となるとチョッと異なってきます。投資の安定性とは、まず大きな損失を被らないということが上げられます。大きな損失を被らず安定的な収益を上げるにはどうすればよいでしょうか。

その答えは、意外と思われるかもしれませんが「売買回数を増やす」ということにあります。たとえば、デイトレードのようにその日のうちに決済してしまえば、塩漬けになるような大きな損失は避けられるはずです。

もちろん、デイトレードでその日のうちに決済してしまえば儲かるということではなく、そこには売買テクニックが必要となってきますが・・・。

理論的に、売買回数が多いということは、そこに「大数の法則」が働くことになります。売買には高度な売買手法を必要としますが、大きく負けることがなければ、相場の必勝法である損小利大に近づくものです。

投資とは、長期間継続して運用するものであり、安定して儲けることが結果として収益を拡大することになるのではないでしょうか。

今後、投資の世界ではシステム運用が主流になると考えています。システム運用は売買ルールをはっきりと決めて運用します。洗練されたシステム運用では、統計的に安定した損益確率分布を示しているからです。

「長期間継続して運用する」→「洗練されたシステム運用」→「売買回数を増やす」→「安定して儲ける」→「収益が拡大」となるはずです。いかがでしょうか。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁