高値覚え、安値覚えとは(1)

投資格言に「高値覚え、安値覚え」ということわざがあります。過去の高値や安値の水準にこだわりすぎると、「売り・買い」の判断が正しくできないという意味の投資格言です。

たとえば高値覚えの場合は、相場が下げ歩調に転じても、以前の高値が忘れられず、その値段を基準に売買の判断をし、そのうちに前の高値に戻るだろうといった気分から、いっこうに持ち株を売ろうとしない投資家が多くいます。このような投資行動を高値覚えといいます。

偶然にして、以前の高値に戻ることもありますが、多くの場合は日柄整理を必要とするため、株を持っている期間が長くなり、投資効率が悪くなる傾向にあります。結局、このような考えや行動が「塩漬け」という現象を引き起こすことになります。

上記のような考えや行動は、投資家であれば誰でも思うことであり、結果として誰でも考えそうなことやその行動は相場ではあまり通用しないということが言えるのではないでしょうか。

また、今回の相場の急落時において、空売り筋は相場最安値時には大きな評価益が発生したものと思います。しかしながら、その後の戻りにおいて評価益は消え、がっかりしている投資家も多いと思います。このようなことは、長い投資期間の中ではケースとしては少ないとしてもありえることです。

急落後の急騰において最安値で空売りを買い戻し、そこで新規に買い付けできないものかと誰でも考えるものです。投資経験の長いキャリアを積んだ投資家であればこれらも可能かも知れませんが、これらも結局、裁量的な売買となります。投資家の力量にゆだねられることになります。

このような問題をテクニカル分析の面から考えて見ましょう。
一般にテクニカル分析では分析する期間を設定します。この分析期間の取り方によってその結果が大きく変わってきます。分析期間を短くすれば今回のような急落、急騰場面においても的確な判断ができたと思います。

しかし、今回のような場面においては的確な判定を下したとしても、そのほかの相場展開ではどうでしょうか。このようにテクニカル分析においては、分析期間の設定は非常に難しいものとなります。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する