継続的な運用が可能であるか(2)

相場下落により個人投資家はピーク時より半減してしまったようです。多くの個人投資家は市場から撤退したか、持ち株を塩漬けにして様子見状態にあるのではないでしょうか。これらはいつの相場でも同じです。相場が上がれば多くの初心者投資家が参入し、相場が下がれば撤退する・・・。

ちょっと成績が悪くなると何を思うかすぐ売買をやめてしまう。自分の投資手法に絶対の信頼を持っていないのか、これらは初心者の行動パターンです。何がそのような行動に走らせるのか考えるべきです。

現在の乱高下する相場状況でも継続して売買されている投資家は、今後も継続的な運用は可能であると思います。それは現在利用されている売買手法や考え方が正しいからです。どのような相場展開になろうと継続して運用できる売買法は正しいのです。

しかし、正しい投資法であっても昨年のような取れない相場展開でもあるのです。この点を十分理解していただきたいと思います。投資家は取れない相場展開にあたるとあれこれ悩みます。当然です。

あれこれ悩んでまた別の投資法を探し始めます。また成果が上がらないとさらに別の投資法へと・・・。悩める投資家はこれらを繰り返します。しかし、青い鳥などどこにもいないことを知らされます。同じところをぐるぐる回っているだけです。

我々は今、情報化社会の中にいます。投資の世界も例外ではありません。しかし、投資の世界には多くの間違った情報があふれているのも事実であり、どの情報(投資の考え方や売買手法)を選択してよいのかわかりません。

投資で成功するには、まず間違いを排除することにあります。少なくとも今回の相場下落で売買が途切れてしまうような投資手法は正しい投資法とは言えません。もし、現在、様子見の投資家であれば今までの投資手法を見直す必要に迫られます。ピンチをチャンスに変える時です。

今回の大きな相場変動で、投資の本質とは何であるか、何が正しく何が間違っているのか冷静になって考える良いチャンスを与えてくれたと考えるべきです。

何が正しい投資法かわかりませんが、少なくともどのような展開になろうと継続的な運用が可能な投資手法が良い投資法と言えるのではないでしょうか。

投資で成功するには、投資手法が継続的な運用ができる手法であるか判断してからスタートすべきです。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁