株式投資は生き残りゲーム

株って難しいですね。ここは大底と判断し買い付けしたものの若干の上昇後に急落となり参った、参ったとなる。思い込みや入れ込みによる売買では、このようになってしまいます。このようなことはよくあることで今も昔も変わりません。

大手の投資会社で綿密に分析し検証されて売買しても、昨年の成績はマイナスであったという結果を見ても、株式投資は難しいものであることが実感できます。

「何をどうすればよいのか」と自問自答する日々を送っている投資家も少なくないのではないでしょうか。

株式投資はサバイバルゲームであり、生き残れなければ収益を上げることはできません。相場急落のたびに一時撤退では継続した運用はできません。株式投資は利益を得るために行うわけですが、散々苦しんだ挙句、損を重ねてしまっては元も子もありません。

今回の相場急落でも生き残っている投資家はどのような投資スタンスを取ったのでしょうか。まず、買い一辺倒では生き残れないと思います。塩漬けにして頑張るという投資家もいるかもしれませんが、塩漬け銘柄を持続していること自体が投資家失格ではないでしょうか。塩漬けからは何も得ることはできません。

今回のような相場急落は長い運用の中ではよくあることです。と言うことであれば、買い一辺倒の売買ではダメであるということになります。では、買い一辺倒でない方法とはどのような方法があるでしょうか。

一般に相場下落時には、買いを縮小して資金をキャッシュポジションにしておくという方法もありますが、これらでは資金効率の点で若干問題があります。また、相場下落と判断したなら日経先物などにつなぐという方法もあります。

しかし、これらの方法で対処するにしても「相場下落」をどのように判定するのでしょうか。投資金をキャッシュポジションにする、また、日経先物につなぐという判断は何をもってするのでしょうか。

株式投資は継続して運用することにより収益を上げることができます。その「継続して運用する」ためには買い一辺倒では運用が継続できないことがわかった。しかし、資金をキャッシュポジションにする、日経先物につなぐにしてもそれらの判定が必要となってきます。

株式投資で継続的に運用して収益を上げ続けて行くには「相場の判定」が絶対必要になってきます。「相場の判定」こそが、株式投資で利益を上げることのできる必須のアイテムとなるわけです。このことをしっかりと理解してください。

「ヘッジ比率」「ポジション比率」を利用し、買いと空売りを織り交ぜながらの売買が、いま私が考えるベストの売買手法です。投資の世界で生き残るにはどうしても「相場の判定」が必要です。「相場の判定」なしでは生き残れません。

今後も相場急落などは必ずあります。常にこれらに対応したスタンスで売買されることを希望します。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁