私の株式分析法 (3)

また、株式分析手法において、「これだけ儲かります」などの好成績の売買一覧表などが添付された広告を見受けますが、私はあまり信用しません。これらの売買経過表は、何らかのシミュレーションを行った結果の数値であることは容易に想像できます。

実際に運用してみると分かりますが、シミュレーションと実践には大きなギャップがあることを理解しておかなければなりません。これらには、特にマネー・マネージメントができていないという点にあります。

ある売買シグナルが出たとします。そこでシグナルの指示により売買するわけですが、そのシグナルで何株買うのか、もし、連続してシグナルが出た場合にどうするか、もし、シグナルが長期間出なかった場合はどうするのか。このような資金配分などの明確な指示がありません。それらは、結局、シミュレーションの結果でしかないのです。これらは机上の空論と化し、実践には全く役に立ちません。

好成績を収めるシミュレーションなど誰にでもできるのです。株式投資は理論と共に実践であると言うことを忘れてはいけない。

私は、これらの問題を防ぐ意味でも、必ず実践を行います。実践においては、シミュレーションでは判明できない、いろいろな問題も発生します。また、新しい発見もあります。それらの問題点や発見をもとに、さらにバックテストを繰り返し、改良を重ねて、より良いシステム作りに励んでいます。

以上のように、分析や検証に多くの時間を割いて、膨大なデータによるシミュレーションを行っても、実際に利用できる分析指標は1パーセントにも満たないというのが現状です。

私が長い年月をかけ、今まで行ってきた膨大なシミュレーションの大部分は利用不能であり、結果としてすべて破棄することになります。しかし、結果として無駄であったかもしれませが、その多くの無駄の部分は、「あなたがこれから行く方向は、こちらですよ」と、私に教えてくれたような気がします。つまり、私がこれから行く方向は、それらの無駄の方向以外の方角であり、私は、それらが成功への道であると固く信じているのです。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁