最後は自分自身

今まで私なりに良いと考えられる投資手法やその考え方について述べてきました。しかし、売買技術や理論を習得したからといって誰でも儲けることができるわけではありません。同じ分析システムを利用しても、ある投資家は利益を得て、ある投資家は損をするということもあるわけですから。

それでは、投資理論や売買技術のほかに何が必要なのか考えてみましょうか。

仕掛け時には、あれこれシナリオを描いて仕掛けに入ります。意に反し、仕掛け後に企業業績が下方修正となり株価が下落してしまったとします。当然ながら評価損が発生します。しかしながら、持ち株はそのまま持続。仕掛け時のシナリオが崩れたにもかかわらず・・・。

投資家は自分なりにルールを作り、絶対厳守の決意で市場に参入します。しかし、実際に売買すると、当初決めたルールも守れない。あれこれ自分に言い訳しながらつい持続してします。誰でも経験があるのではないでしょうか。

これではどのような素晴らしい手法を持ってしても収益にはつながりません。投資活動をしていると、このような投資家特有の心理状態に陥ることも多く、結果的に操縦不能となって沈没してしまうことになりかねない。

なぜでしょうか。投資家は誰でも大なり小なり自分は投資知識があり、その手法も理解しているというプライドを持っています。つまり、心理の深い部分で、自分の非を認めたくないという心理が働くためであると考えます。

むかし、投資家でもあり評論家でもある人が「自分の考えは間違っていない、間違っているのは相場のほうだ」と言った話はあまりにも有名であり、こっけいな話でもあります。このような考えは潜在的に誰でも持っているようです。

相場では迷いや苦悩の連続であり、常に決断を迫られ、人間の本能の部分が大きく揺さぶられることになります。地位や年齢など一切関係のない、本来の人間に備わっている潜在的な心理や本能的な部分まで入り込んでくるのです。株式投資はメンタル面において非常にハードなビジネスであることを理解しておくべきです。

投資では、常に緊張状態の連続であり、大きなストレスがかかってきます。「緊張状態の連続とストレス」。人間が長期間このような状況下に置かれた場合どのような結果になるでしょうか。

人間が極限の状態に置かれた場合、本来自分が持っている「人間性」が出てくると言われています。皆さんも体験したことがあると思いますが、普段はみんなに好かれる良い人でも突然の緊急事態となったときなどに、人格が変わり、その人の「本性」を垣間見たということはありませんでしたか。

このように普段は普通の人であっても、極限の状態に置かれたときに人格が変わってしまうこともあります。今回の大暴落においてパニックになり、判断が付かなくなり右往左往と・・・。このときの自分が本来の自分の姿かも知りません。

このようなことから、どのような投資理論を持っていても、どのような売買技術を身につけていても、相場では負ける人はいつも負け、勝つ人はいつも勝っているというという結果になります。私が常々申し上げている「投資の成果は、最終的には投資家本人の性格に回帰する」と言うことはこのことなのです。

このような問題は、投資家であれば誰でも今後体験することであり、また大きな壁でもあります。株式投資で多少の利益を上げても、精神的に破綻したり、日常生活に支障をきたすようであれば、本来の目的である豊かなゆとりある生活が達成できなくなってしまいます。

これらの問題は、投資理論や投資技術以前の問題です。これらは投資家に共通した問題であり、投資家本人が克服しなければならない大きなテーマでもあります。人間は追い込まれると弱いものです。相場におけるこのような現状を十分理解して日ごろからその対策を考えておかなければなりません。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

大暴落でも対応できる手法は?

失敗の原因の多くは、他人の勧めや噂、メディアの情報を鵜呑みにして、ついつい売買してしまったという。失敗体験から多くの問題点について学習した投資家も多かったのではないでしょうか。ファンダメンタルズもテクニカルも通用しない相場局面で、投資家はどのようなスタンスで相場と対峙すればよいのでしょうか。冷静になって考えれば分かることではあるのですが、ここに、ひとつだけ昨年のような大暴落でも通用する手法があります。それが何であるかお分かりでしょうか。

それは「順張り」、この手法ただひとつです。私が常に申し上げている「流れに沿った売買」である順張りだけです。順張りこそが、相場必勝法である「損小利大」を実現させるための唯一の方法であるということです。「流れに棹させば流される」ように、大暴落では逆張りは通用しないことも学習したのではないかと思います。これらについて反対意見もあるでしょうが、私は固く信じるものです。

テクニカル派を自認する私は、トレンド・フォロワーであり、トレンドが崩れないうちはずっとそのトレンドに付くという正統派のテクニカル投資を実践しているつもりです。つまり、モメンタム(株価の勢い・方向性)を重視する投資手法であるということです。

テクニカル分析とは、その多くは過去の膨大なデータの分析により、ランダムといわれる市場から数少ない確率のある指標を探し出し、これらを基に運用を行う手法であると考えます。つまり、テクニカル分析は過去の歴史から学ぶということでもあるのです。これらと同様の考え方から、昨年の大暴落も過去の歴史から学ぶことはできないものでしょうか。

1990年代半ば以降、米国は世界中から資金をかき集めてそれを世界に再投資し、収益を上げるということにより、米国そのものが巨大な投資銀行と化していったが、その時代の終焉は、米国のドル支配の終わりの始まりを告げているようです。

人間は必ず失敗するものです。しかし、失敗したらその責任を取るべきである。投資の世界の失敗は、損失という形で責任を取ることになる。

失敗を市場にゆだねるということは、一時的にパニックを引き起こす可能性もある。しかし、倒産する企業は倒産させるべきです。1965年の日本の証券不況時に山一證券が危機に陥り政府の援助を得て立ち直った。しかし、その後も体質は変わらず、結局多くの人々に迷惑をかけて倒産してしまった。

市場の問題の解決は市場に任せるべきであって、安易に公的資金投入などのてこ入れはするべきではないと考えます。クラッシュ・アンド・ビルト。つまり破壊が行われることにより再生することになるはずです。てこ入れは、それらの企業を甘やかすだけで、一時の延命措置に他ならない。我々は歴史から学ぶべきだ。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

吾唯足知

株式投資とは、「今後成長が期待できる企業に投資して、その見返りとして配当を受け取る」ということが一般的です。これらの配当が投資の収益となります。これらが株式投資の原点であり、正しい姿であろう。

その投資の派生として、キャピタルゲインによる収益がある。我々投資家は、主にこのキャピタルゲインによる収益を求め投資活動を行っています。しかし、このキャピタルゲインによる収益は、株式投資の本道から外れるものではないでしょうか。

キャピタルゲインによる収益を求めることは、本来の投資の姿ではないわけであるから、そこに当然ながらリスクというものが発生することになります。そこで、我々投資家は、これらのリスクを承知で株式投資を行っているわけです。

配当による利回りはわずかなものです。しかし、投資の原点はここにあるのです。これらの原点である配当利回りを超えた収益を望むとき、そこにはリスクが発生し、望むリターンが大きければ大きいほど、そのリスクも大きくなるということです。

投資の世界では、当然ながらできるだけ大きなリターンを求め奔走するものです。今回の金融危機は望むリターンが大きすぎたために暴走し、破綻を招いたものと考えられます。

投資家は夢を持って市場参入してきます。投資金を2倍も3倍にもしようと・・・。しかし、投資で安定した収益を上げようとした場合、その収益は投資家が考えるような大きな収益にはならないということを理解していただきたい。

『吾唯足知』 (われ ただ たるを しる)と読む。

これは、京都・竜安寺にある蹲踞(つくばい)に刻まれている言葉です。蹲踞とは、茶室の庭先にある石の手水鉢(ちょうずばち)のことで、この手水鉢が低く据えてあって、茶客が手を洗うのに、つくばうから、蹲踞と言うようになったものだそうです。

その意味は、
「人は欲張らず、今の自分を大切にしなさい」という意味で「足る事を知る人は不平不満が無く、心豊かな生活を送ることが出来る」ということのようです。

投資の世界に当てはめると「あまり欲張るな」ということでしょうか。上記のように、投資における利益は配当が原点であり、これらから大きくかけ離れた利益を求めようとすると、そのしっぺ返しが必ずきますよ、ということです。

迷った時は、先人の知恵を借りることも必要かもしれませんね。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁