マーケット・ニュートラル投資手法

我々個人投資家は、荒れ狂う市場の中でどのように対応をしていけば良いのでしょうか。市場動向は、報道などで理解しつつも、あまりの急激な変動にとまどうばかりです。

我々は、個々の銘柄について調査検証、分析した上で納得して仕掛けに入ります。しかし、市場の大きな変動に巻き込まれ、散々苦労して探し当てた銘柄であっても、市場の圧力に屈してしまうことになります。結果として、株式投資は個別銘柄云々より、まず市場動向の検証が優先しなければならないということになります。

しかし、何度も申し上げていますように、この市場動向の検証は専門のエコノミストでも困難なものです。投資家は、このような市場動向について判断することは無理とは知りつつも、株式投資を続けたいと考えるものです。

そこで、このような市場動向に左右されず、個々の銘柄の分析、検証で株式投資ができないものかと考えるのも当然です。そこで考えられるのが、市場動向に左右されない投資手法に、マーケット・ニュートラル投資手法というものがあります。これらの手法は、ヘッジファンドなどが多用する投資手法でもあります。

マーケット・ニュートラルとは、買い建て金額と売り建て金額をほぼ同額にして、マーケット全体が変動するリスクから中立な立場をとる投資戦略を言います。インデックスの動きに対して、相場環境に左右されない中立的であるような投資ポジションを持つ投資手法です。

昨今のような変動の激しいマーケットでは、これまで以上にリスク管理が重要となります。投資家は、相場変動リスクからポートフォリオの価値を守ることを強く求めるものであり、そのニーズに応える最良の手法としてのマーケット・ニュートラル投資戦略です。

マーケット・ニュートラル投資戦略が魅力的なのは、今までに世界中のマーケットで素晴らしい運用実績を上げてきたからです。しかし、この戦略はロングとショート、さらにはレバレッジが組み合わされているため、伝統的(片張り)な投資手法とはまったく異なっています。

株式市場には、あらゆる層の投資家が日々投資活動を行っています。個人投資家でも、今後の資産運用にと、ある程度の資金量で運用を考えている投資家も少なくないと思います。しかし、多くの資金を株式市場に投入することには、不安があるのも事実です。

マーケット・ニュートラル投資手法では、マーケット変動リスクを回避した投資手法であるため、ある一定の売買ルールに基づいた運用であれば、多くの資金を投入しても、あまり心配することはなく運用が可能です。不安は、従来型の投資手法である、上がるか下がるか、当たるか外れるかの投資手法の後遺症ではないかと考えます。

ここでは、マーケットのリスク回避という投資手法について紹介いたしましたが、今後は、投資手法の多様化に伴い、従来型の投資手法である片張り的な「売買」から、マーケット・ニュートラル投資手法のような「運用」という投資スタイルに切り替えていくことも考えていかなければならないでしょう。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
                   3つの最新戦略を期間限定で公開中!」

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【7月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【7月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【7月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する