あの人は今(2)

まずは、レバレッジの掛け過ぎが考えられますが、株式投資では、そのレバレッジは3倍程度に過ぎません。レバレッジの掛け方に問題があることは分かりますが、それが決定的な要因とは考えられません。為替の売買などでは何十倍ものレバレッジも可能なわけですから。

私が考えるに、あまりにも短期のスウィング・トレードに走り過ぎ、目先的な売買テクニックに終始しまったことで、近視眼的になり、大きな相場のうねりをキャッチできなかったのではないでしょうか。つまり、相場のトレンドが変化したのに気づかなかったということです。

もし、相場のトレンドが変化したことに気づけば、空売りなどの手法に転換することも可能であったと思います。しかし、過去の栄光が素晴らしかったため、それらを忘れることができなかったのかも知れません。

株式投資とは、長期間にわたり継続して運用するものです。継続運用して初めて収益を上げることができるわけです。彼のように、一時的に収益を上げたとしても最後には、その利益が消えてしまうような投資手法では、長期間にわたり継続して運用もできないということになります。

投資収益が驚異的に伸びなくても、長期間にわたり継続できる売買手法で、リスクを押さえ、時間とともに利益が積み上がる手法での売買が、最終的に投資の世界で勝利者になれるのではないでしょうか。亀のように・・・。

では、長期間にわたり継続して運用するにはどうすればよいのでしょうか。

長期間にわたり継続して運用を可能とする手法として考えられることは、

1.市場のトレンドを判定し、それらに追従した売買を行う。
2.市場のトレンドを無視し、マーケットのリスクをほぼゼロにするマーケット・ニュートラルによる売買を行う。
3.常にヘッジをする。

市場では多くのサプライズがあります。このような捉え所のない市場で長く生き残る方法、そして利益を積み上げていく方法としては、「トレンドの判定」「マーケット・ニュートラル」「常にヘッジをする」の手法が最強ではないかと考えます。

投資の世界では何があるか分かりません。そのためにも「あの人は今」とならないように危機管理は、しっかりと行っておくべきです。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が
                   3つの最新戦略を期間限定で公開中!」

slide1 システムトレードにより30万円を1億円以上に増やした斉藤正章氏が最新のシステムトレード戦略を公開します。

【7月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「300万円の資金を1200万円以上に増加させる順張り買い戦略」
1回目の映像では専業システムトレーダーとして活躍されている斉藤正章氏が300万円の資産を1200万円に増加させる「順張り買い戦略」をお伝えいたします。投資で成功するために不可欠な「損小利大」を実現できる戦略ですので、トレード戦略の1つとしてご活用ください。

【7月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略」
2回目の映像では平均年利回り約45%を実現する空売りデイトレ戦略をお伝えします。1日で決済まで完了する戦略なので資金効率が高い運用が可能です。具体的な売買ルールも公開しますので、システムトレードの実践にお役立てください。

【7月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「100%以上の利回りを実現できるマルチストラテジー」
3回目の映像では複数のストラテジーを組み合わせて運用する「マルチストラテジー」についてご紹介します。100%以上の利回りを実現できるトレードシステムもご紹介しますので是非、今後の投資にお役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する