長期投資、是か非か

ある年配の投資家が言っていた。「株式投資とは長期投資が良いのだと教えられてきた。そして、それを信じて今まで運用してきた。しかし、現段階で見ると株式市場と同様に大きく資産を減らしてしまった。たしかに、良いときもあったが、最近、私が信じてきた長期投資に疑問を持ちはじめた。これなら定期預金にでも入れておけば良かった」と話していた。

日経平均は過去に高値で4万円近くあった。それから20年たった現在でも1万円以下。20年長期投資をしてもまだ資産が目減りしたままです。これで長期投資が良いと言えるのでしょうか。疑問がわくのも当然かもしれません。

昔は、たしかに長期投資の成果は大きかったと思います。その理由として、当時は額面(当時は50円)での株主割当増資が主で、株主は株数増加の恩恵が大きかったこと。それと、日本が高度成長経済で業績が大きく伸びたことによる恩恵が大きかったと考えます。

ところが、昭和40年半ばから完全時価発行公募増資となって様子が大きく変わってしまった。また、日本経済も成熟期に入り、コンピュータの発達とともに情報化時代となり、商品のライフサイクルの短期間化、消費者の嗜好の多様化などにより経済成長が鈍化傾向となってきました。

これらの要因により、長期投資のパフォーマンスが振るわない結果となっているのでしょう。それでも長期投資の神話が崩壊するとは思いませんが・・・。

森羅万象とどまることを知らず、すべてのものは常に変化しています。同様に経済も日々変化しています。おのずと経済をはかる尺度も変えていかなければならないと思います。

私は常々思っています。ビジネスにおいても投資活動においてても大切なことは、そこにある「時代背景」を読むことであると考えています。時代背景を無視してはビジネスでも投資活動でも成功することはできません。

人間はある程度、歳を取ってくると今までの積み重ねた経験や体験により、現在の世の中を判断します。そのときに現代社会の矛盾や間違いを批判し始めます。それは、自分自身が過去において体験したことと現在を比較しての批判です。過去の体験がすべて正しかったかのように・・・。

体験は過去であり、過去の成功体験はすでに過去のものです。その体験がすべて現在に通用するとは限りません。世の中は常に変化しています。現在は現在に通用する尺度で見る必要があるのです。過去の体験は体験として尊重しつつ、現在の現象は現実と受け止め、それらを的確に掴む必要もあるのではないでしょうか。

団塊の世代が60歳台となり、今後、その人たちに長期投資が良いといっても、20年後に、その儲けたお金で何をするのでしょうか。人生を楽しむと言っても・・・。

長期投資を勧める評論家達は、現在の長期投資の成果をどのように見ているのでしょうか。現在は100年に一度の大チャンスなのだから、ここでもう一度買いに入ることですよなどと勝手なことを言う。すでに全財産をつぎ込んでしまっているので、新たな資金は出せないと言うのに・・・。

また、彼らは分散投資を勧める。分散されたポートフォリオを長期にわたって保有することで本当の効果がでるのですなどと言う。その分散方法も外国の株式や債券、外貨に分散するのです・・・と。そう言われても国内の株式投資でも大変なのに、いまごろになって海外の株式や債券、外貨などと言われても分かるはずもない。

これらも結果論であり、後付では何とでも言える。たしか、あなた(評論家)は国内の株式投資専門ではなかったのでは・・・。あなたは時代背景を的確に掴んでいますか・・・。

決して長期投資を否定するものではありませんが、上記のように以前から比べると、長期投資の効率が低下しているのは事実です。

では、どのような投資手法が良いのだろうかと迷ってしまうところですが・・・。私が考えるに、たとえ株価が半分になっても、たとえ2倍になったとしても運用し続けることができる投資手法、そして、パフォーマンスは別として、年次決算で必ずプラスの成績で終わる投資手法、これがベストではないかと考えます。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁