投資の常識は非常識 ?

株式投資では「株は安いところで買って、高いところで売る」という考えが一般的です。これらについては、株式投資を行わない人でも知っています。

では、具体的に「安いところ」とは、どのような水準を言うのでしょうか。まず、株価の最安値の一点を捉えることは不可能でしょうから、株価チャートを見て年間の高値と安値の半値以下を「安いところ」と定義するのでしょうか。

誰でも「買い」に入るところは安い水準であるとの認識で仕掛けに入ると思います。しかし、仕掛け後に株価が下げてしまったら、結局、後から見れば仕掛け水準は「高いところ」となってしまいます。

この「安いところ」との表現は非常にあいまいです。また、それぞれの投資家によって、その認識も異なるはずです。「安いところ」と言うには、そこに何らかの明確な定義がほしいものです。

一般に、「買い」に入る場合は、今後、株価が上昇するであろうという予測のもとに出動します。つまり、上昇トレンドを見越しての「買い」となります。しかし、下降トレンドから上昇トレンドに転換する時点での買い仕掛けは難しいものですから、通常は、ある程度上昇傾向を確認してから参入します。

つまり、上昇トレンドで「買う」ことになります。上昇トレンドはいつまで続くか分からないものの、トレンドが形成されている間は、そのトレンドに乗って利益を伸ばしていくという手法が正しいと私は考えます。上昇トレンドで「買う」、下降トレンドで「空売り」となります。

これらの考え方には多くの投資家から賛同を得られるものと思います。しかし、実際の売買では、これらの考え方とは異なる売買を行っているのではないでしょうか。

では、突っ込み安などの最安値時には、トレンドはどのような方向を向いているでしょうか。当然ながら下降トレンドにあると思います。すると、上記の上昇トレンドで「買う」ということに反しているのではないでしょうか。下降トレンドで買いとなっています。

また、「買い」の場合に、年間の新高値時に買い付ける方法と年間の最安値時に買い付ける方法とでは、どちらがその後の上昇確率が高いでしょうか。これらは統計上からも明らかであるように「年間の新高値時に買い付ける方法」の確率の方が断然高くなります。当然です。株価が上昇する過程では「新高値」を取りながら上昇していくわけですから。

相場は確率でもありますから、やはり確率の高い手法を採用すべきです。株価の新高値時にはトレンドは上昇トレンドであり、最安値時にはトレンドは下降トレンドになっているはずです。

このようなことから、「買い」は高値で買って、「空売り」は安値で売るということになります。これらは、明らかに上記の「株は安いところで買って、高いところで売る」と矛盾しています。

ひとつの考え方として、「最高値で買って、さらに高いところで売る」「最安値で空売りして、さらに安いところで買い戻す」という手法もあります。これらの手法は「安いところで買って、高いところで売る」「高いところで空売りし、安いところで買い戻す」という手法より断然成績が良いというのも事実です。

投資家の皆さんは、どちらの手法を選択されるか分かりませんが、「投資の常識は非常識」とも言われています。投資家の成績が今ひとつということは、これらの考え方にも問題はないでしょうか。

これらの点について、今後、十分に検討する必要があると考えます。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁