ベストな投資手法

今回の急落では、投資の世界の恐ろしさをまざまざと見せ付けられました。そして、投資家は多くの体験をしました。それらの体験の中で、もし、その売買を「流れに沿った売買」であったとしたらどうだったでしょうか。

「もし」という仮定の話は相場の世界では通用しないことは承知していますが、今回の急落を「流れに沿った売買」であれば、ほとんどの銘柄が「空売り」となって、それなりの利益も見込めたのではないでしょうか。

では「流れに沿った売買」とは、具体的にどのような手法を言うのでしょうか。「流れに沿った売買」とは、大きな意味での「順張り」ということになります。つまり、下げを確認してからの「空売り」、上げを確認してからの「買い」ということです。

これらの判定如何で投資成績が大きく変わってしまうほどです。しかし、これらの判定は非常に難しく、私自身も長年研究をしていますが、究極のシステムの完成には至っておりません。もしかして、これらの判定は永久に無理なのか、あるいは、まだその究極の手法が発見されていないのか・・・。悩むところです。

仮に、その判定の確率が50%とします。つまり勝率が50%であるということです。勝率50%であるとすれば、この条件下で利益を上げようとするならば、やはり、利益の時は大きく、損の時は小さくする以外の方法はありません。

しかし、これらは理屈であって、実践となるとなかなか難しいものです。そこで、簡易法ながら、ひとつの考え方を提示してみたいと思います。これらは、あくまでも考え方として捉えてください。

まず、一番簡単な「流れに沿った売買」は、株価が高値から○%下げたら下降転換、株価が安値から○%上げたら上降転換とすれば、安易にその判定はできるはずです。しかし、実際にこの手法で売買しても収益は上がらないと思います。なぜなら、それは誰でも考えそうな手法ですから・・・。

実際には、これらの転換で売買をするのではなく、転換後の手法が重要になります。ここで、ある程度の転換点を見出した後に、その転換に沿った逆張りを行うのです。ここで重要なことは「この逆張りは、転換を確認してから行う」ということです。

ここでの逆張りは、決め打ち的な逆張りという意味ではなく、買いの場合であれば「下げ止まり」を確認後ということになり、空売りの場合であれば「上げ止まり」を確認後に仕掛けに入るということになります。「上げ止まり」「下げ止まり」は、ある意味では、超目先的な順張りと言えなくもないのですが・・・。

買いに入ったら「上げ止まり」で利食いします。空売りに入ったら「下げ止まり」で利食いします。もし、目先売買の場合に、買いの仕掛け時の「下げ止まり」の最安値を切ったら損切りする、空売り仕掛け時の「上げ止まり」の最高値を抜けたら損切りするなども効果的です。

ただし、上昇転換を確認したら、その後の売買は下降転換するまで「買いのみ」で行うものとします。下降転換を確認したら、その後の売買は上昇転換するまで「空売りのみ」で行うものとします。

ここでの「上げ止まり」「下げ止まり」の確認は、一般の目先的なテクニカル分析指標でも可能であると思いますが・・・。相場格言に「森を見て、木を見よ」とありますが、ここでの森は「転換の判定」であり、ここでの木は「転換後の逆張り」に当たります。

以上のような考えのもとに投資手法を組み立てることにより、継続的な運用が可能な「流れに沿った売買」となるのではないでしょうか。私が長年、相場の世界を体験してきて、現在考える中ではベストな投資手法ではないかと思われます。これらの考え方は、遠い昔の中国の投資指南書にも書いてあったような気がします。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

嘆きの壁

巷から「株で損をした」「塩漬けで動きが取れない」「投資金が半減してしまった」「株はもうこりごりだ」などの嘆きの声が聞こえてくる。相場が下落すれば当然のことだろう。

投資家は、これらの対策に頭を痛めているようです。その対策も各自各様であると思いますが、何か基本的なことが忘れているような気がします。

これらは個人投資家とお話してみるとよく分かります。私だけが感じることかもしれませんが、皆さん一様に社会的には人格者のように思います。社会的な知識や常識も持ち合わせており、それなりの道を全うしてきた方が多いようです。

社会的に地位もあり人格者と言われている人であっても、いざ相場の世界に入ると赤子のようになってしまうようです。何がそうさせるのでしょうか。

これらについては、何度も解説していますので改めて説明はいたしませんが、結局は「何かが間違っている」ということです。失敗の原因は「間違い」により引き起こされるものです。とすれば、その「間違い」を正せばよいわけです。

「間違い」を正すことにより、現在のような状況は回避されるはずです。しかし、相場の世界は特殊な世界であり、多くの投資家は、その「間違い」ですら気づかないようです。たとえ、気づいたとしてもその対策がわからない。対策を知っていても感情が邪魔をして実行できないなど。

私には投資に関する多くの質問が寄せられます。当方でも速やかにお返事しておりますが、その内容につきましては、一般社会ではあまり取り交わすことのないような質問もあります。

たとえば「株で損をしてしまった。どうしたらよいか教えてくれ」等の質問もあり、当方でもどのようにお返事してよいか困惑してしまいます。現在の状況下では、やむを得ないことかもしれませんが、あまりにも幼稚すぎませんか。常識をわきまえた人格者がするような質問ではないような気もするのですが・・・。

投資の世界は「自己責任」であることは誰でも知るところですが、株式投資には、ライセンスが必要ありません。投資資金さえあれば知識や技術がなくても市場に参入できます。知識や技術がなければ当然負けることになります。

修羅の世界でもある投資市場に、何の武器(知識・技術)を持たず参戦するのはあまりにも無謀すぎます。市場には、大量の資金を抱えたプロ集団が存在します。これらに対して無防備なよちよち歩きのひよこが入ってくるとパクリと・・・。

ここで私が申し上げたいのは、個人投資家が市場で運用しようとする投資資金は、それなりに苦労と時間をかけて積み上げてきたものであると思います。そのような大事な虎の子を安易に大きなリスクに晒すようなことはしないでほしい。投資資金をもっと大事にしてほしいのです。

もっと勉強して下さい。そしてレベルアップしてください。理論武装してから戦いに挑みましょう。安易な宣伝や情報などに振り回され、大事な投資金を失わないようにしていただきたい。投資の本質を理解していただきたい。

そして、投資の決断するとき自分自身に問いかけてください。「今、自分は冷静であるか」と。周りの雑音に振り回され自分を見失うことのないように、そして最終決断は必ず自分の意思で行ってください。

投資の世界では最後に頼れるものは自分自身しかいないのです。誰も助けてはくれません。嘆き悲しむ前に、これらのことをしっかり肝に銘じて取り掛かってください。

しかしながら・・・、
投資においては、まず、その理論や売買術をマスターすべしと論じられています。これらは正しく、理論や技売買術は武器であり、これらは戦いに勝つための大きな要因になります。しかし、私は長い間、投資の世界を見てきた中でもっと重要な要因があることを学びました。

突然、人間が究極の選択を迫られた場合、目の前でフラッシュをたかれた時のように一瞬何も見えなくなってしまう時があります。このときに、どのように考え、どのような行動をとるか。そのときの判断によって、その後の状況が大きく変わってしまうことがあります。

これらは、学習しても学べるものではなく、本人の持っている「何か」によって決定されるものです。投資の世界では、このような人間の奥深い所まで入り込んでくることを理解しておかなければなりません。

これらは投資家自身の本質的な問題です。十分な理論や売買術を持っていても落とし穴に落ちてしまうような。一歩踏み外すと戻ることができないような。それらが何であるかお分かりいただけると思いますが・・・。たとえプロのトレーダーであっても避けて通れない道なのかもしれません。

このように、投資の世界は甘い世界ではありません。一般社会より厳しい世界です。投資知識を学び、売買技術を習得し、そして、自分自身の本質的な性格を理解して取り組まなければならないことをしっかりと認識していただきたい。

くれぐれも「嘆きの壁」に向かって叫ぶことのないように・・・。

Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁