今後の課題ですが・・・

テクニカル分析において、短期用で売買するか長期用で売買するかということは非常に重要なことであり、これらにより分析期間を設定することはシステム構築上、大きな課題となります。
一般的に、短期売買では勝率は下がります。反対に長期売買では勝率は上がります。なぜなら、短期売買では「だまし」が多く発生して勝率を下げることになります。長期売買では、そのスパンが長いため、多少の「だまし」の部分はスルーしていきますので勝率は上がってきます。
投資においては、勝率を云々することはナンセンスであり、勝率を気にするのは初心者だけということになります。要は、投資においては、そのパフォーマンスを競うわけですから、最終的には投資利回りについて考えるべきです。
通常では、長期売買の方がそのパフォーマンス高くなるものの、短期売買が良いのか、長期売買が良いのかという問題は、投資家の好みなどもあり、一概に「どちらが」ということは言えないものです。
本来、短期売買と長期売買の良し悪しは、投資家の判断で行うものではなく、正しくは「相場の展開しだい」と言うことになります。短期に上げ下げする相場では、短期売買が向いていますし、大きなトレンドが発生する相場では、長期売買が向いています。しかし、今後の相場展開など分からないことです。
大きな上昇トレンド形勢の中で、長期売買で運用し、それなりの評価益も順調に増大し続けていたものの、突然のサプライズで相場が急落したとします。このような状況では、当然ながら長期売買においては、その評価益も急減します。
そのような状況に追い込まれた場合、投資家はどのような判断をするべきでしょうか。慌てて持株をすべて処分するのでしょうか。それとも辛抱強くシステムなどの指示に従うのでしょうか。
相場が急落となったとしても、その後の展開など誰にも分からないことです。慌てて持株をすべて処分したものの、その後相場が急回復したら失敗したとなるでしょう。辛抱強くシステムなどの指示に従ったものの、相場は更に下落し評価益も底を付いてしまったとなるかも知れません。
一般に、テクニカル分析では、その多くの手法を「平均値」的な分析を採用しています。この「平均値」的な分析では、相場の急展開には付いて行けず、その判定は遅くなるのが通常です。特に、長期売買においては、それらが顕著に現れます。そのため、短期に乱高下するような相場展開では、その判定も逆になってしまいます。
これらはテクニカル分析の根本的な問題であり、避けて通れないところでしょう。では、これらの問題をどのように解決していけばよいのでしょうか。これらについては、私自身の今後の大きな課題でもあります。
ひとつの考え方として、ヘッジ比率などの指示が買い一辺倒となり、これらに伴い買いポジションを多く積み上げていた状態では、収益も高まるものの、その裏には大きなリスクが存在することになります。
このようなリスクをどのように消化していくかということも考えておかなければなりません。基本的には、投資家の判断を排除して、システムなどの指示に従った売買をお奨めするわけですが、たとえば、買いポジションが95%などとなった場合などには、何らかの対応をすることも考えられます。
たとえば、日経先物(日経mini)などに売りつなぎを入れておくなど。しかし、これらも持株のボラティリティなどを計算し、適切な資金量で日経先物に売り繋ぐという手法をとらなければなりません。機関投資家などは、これらの手法でリスクヘッジをしているようですが、これらも個人投資家においては難しい判断となります。
もうひとつの考えとして、相場急落などでは長期売買より短期売買の方がその対応が早くなります。これらを利用した方法として、長期売買と短期売買を併用して運用するということも良いのではと考えています。利回りはともかく、長期売買と短期売買を併用して運用することにより、過大なリスクを軽減する作用が働くと考え
ます。
このような考えから、直近の相場変動にも敏感に反応しながらも長期的な運用が可能となるようなオールマイティなシステム開発が望まれるところです。私は、これらを念頭に入れながら、今後もシステム開発にまい進する考えでいます。
Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

腹八分

投資において、「売り」と「買い」のどちらが難しいか。誰でも底で買って天井で売りたいと思っています。しかし、偶然はあっても狙い撃ちで、底、天井を捉えるのは無理というものです。何事でも「腹八分」であれば十分でしょう。
ところで、買い方、売り方のどちらが有利であるかお分かりですか。株価をある一定の水準から、上昇した場合と下降した場合の株価分布の統計を取ってみると、断然、買い方が有利であることが分かります。当然といえば当然なのですが・・・。
空売りの場合は、どんなに負けても100%です。日本航空のように倒産してしまったとしても投資金はゼロとなりますが、投資金からの率で見れば100%の損失です。一方、買い方は上限が100%ということはありません。500%だって、1000%だってあり得ます。
これらは、買い方が有利だから投資では買いのみにして、空売りはするなということではありません。空売りにおいては、その利幅に限界があるものの、実際に売買してみると分かりますが、買い方も売り方もそう大差はないものです。買い方であっても、簡単に2倍になるまで持ち続けることは困難なわけですから・・・。
空売りは怖いからやらないという投資家も多い。これらの多くは知識の欠如からくるもので、しっかり理解して実践すれば空売りも買いも同じです。株価チャートをひっくり返してみれば買いも売りも同じではないですか・・・。
株式市場でコンスタントに利益を上げていこうとするには、やはり空売りは欠かせないものです。特に昨今では暴落もあり、また景気低迷が叫ばれている状況では、空売りを絡めた売買は必須のものとなります。
もし、今後の相場見通しが正しく判断できたとします。そして、その判断が相場下降と判断を下した場合、買いのみで売買している投資家は、しばらくは休みということになります。「休むも相場」とも言いますので、それはそれで正しいと思うのですが・・・。
私の話で恐縮ですが、私は株式投資を生業としていますので、もし、今後の相場展開を下降と判断したときには、やはり買いのみでは休まなければなりません。しかし、株式投資を生業としている者にとっては、いつ回復するか分からない相場を指をくわえて待っているわけにはいかないところです。
そこで、どうしても下降相場では空売りを採用する必要に迫られます。売り方は、買い方に比べ不利であるなどと言っている場合ではありません。果敢に空売りを仕掛けて売買を継続していきます。実際に、最近の暴落を含めた相場展開では、空売りで多くの収益を得ています。
投資の究極は、投資利回りにあるわけです。相場が下降だからといって投資金が休んでいては、その利回りも低下します。投資金の一部で投資して、たとえ多少の利益を上げたとしても、その利回りは、投資金(投資のために準備した資金)に対する利回りで考えなければなりません。
そこで株式投資を生業としている私としては、どのような相場展開になろうと継続的な運用ができ、また準備した投資資金をフル稼働させることができる売買手法を考えざるを得なかったわけです。
試行錯誤の上、「どのような相場展開でも・・・」については、買いと空売りの両建てによる売買手法を考えました。そして、これらを適切に判定するヘッジ比率(ポジション比率)を採用することにしました。
更に、「投資資金をフル稼働させる・・・」については、同銘柄における買いから空売りへ、空売りから買いへの「どてん売買」を採用することになりました。「どてん売買」によって、投資金を休ませず運用することが可能となります。
ひと口に「どてん売買」と言っても、「どてん売買」を採用するにあたっては長い歳月がかかったのは言うまでもありません。なぜなら、投資手法で一番難しいとされる手法は「どてん売買」だからです。いまだかつて、インターネットのサイトでも、完全な「どてん売買」手法(分析システム)を紹介した記事は見たことがありま
せん。
「どてん売買」が難しいとされるのは、同銘柄で継続して買いと空売りを行うわけですから、買いにおいても、また売りにおいても両方を満足するポジションでの売買を実行しなければなりません。これらの買い売りの転換ポジションを長期間にわたり的確に当てていかなければならないわけですから・・・。
これらの転換ポジションを後から見てみると、おおむね、買いは底値から上がったところ、空売りは天井から下げたところとなっています。決して、買いが底、空売りが天井とはなっていません。客観的に見ると効率的ではないように思いますが、結果的に「腹八分」のポジションで売買しているということになります。
私なりに考えると、「どてん売買」に採用されているような「腹八分」の売買ポジションがベストではないかと思っています。底や天井などは後になってからでなければ分かりませんし、底を確認してからの買い、天井を確認してからの空売りが現実的であると考えます。相場格言に「頭と尻尾はくれてやれ」という言葉もありますように・・・。
Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁

株価チャートの錯覚

一般的に、短期的な株式トレーダーは、パソコンなどで株価チャートを見ながら売買の判断をすることが多いと思います。ある投資家はテクニカル指数を駆使しながら、また、ある投資家は、株価チャートを眺めながら、経験に基づく主観的な判断で売買をされているのではないでしょうか。
そこで、株価チャートを見ながら売買する場合の注意点を述べてみたいと思います。
パソコンで株価チャートを見ると、すべての銘柄が株価チャート表示の枠内に表示されます。すでに、ここに問題があります。
株価チャートの表示は、すべて、ある一定期間の高値を上限とし、安値を下限として表示されます。これでは視覚的に、すべて同じような変動幅の株価チャートになってしまいます。このような同じような変動幅の株価チャートを視覚的に捉えた場合、どのような問題を引き起こすのでしょうか。
株価100円から200円に上昇した銘柄も、100円から500円に上昇した銘柄も見た目では同じような変動幅の株価チャートと錯覚してしまい、株価を正しく捉えることはできないのです。これらも株価チャートを見ながらでの売買が、うまくいかない要因のひとつではないでしょうか。
とは言っても、現行の株価チャート表示は、すべてこれらの方式での株価チャート表示です。そのため、これらの点について、十分考慮に入れて判断する必要があります。
また、年配の投資家で目先売買を得意する投資家に見られることですが「小すくいで10円幅を取るんだよ」などと話をしているのを聞くことがあります。つまり、10円の利益が取れたらすぐに決済してしまうということです。
ひと口に10円幅と言っても、100円の株価の10円か、1000円の株価の10円かによって、その利益率が異なってくるはずです。100円の10円であれば10%ですし、1000円の10円であれば1%にしかなりません。
私は、利益幅を「円」で言うのにはあまり同意できません。投資の原点は、投資金に対する利回りです。利回りは「率」で表現します。これらと同じようなことが、株価チャートを見たときに錯覚を起こしやすくなります。
たとえば、100円の株価から200円に上昇したとします。その後、200円から300円に上昇したとすると、その上昇幅は、どちらも100円です。視覚的に見ても同じです。しかし、利回り的に見た場合はいかがでしょうか。
100円から200円までの上昇率は100%です。しかし、200円から300円に上昇したときの上昇率は50%です。つまり、上昇幅が同じであっても仕掛けの時点から判断すれば、その利回りは大きく変わってくるということです。
株価チャートを見たときに、株価は天井近辺になると大きく上昇しているように見えます。しかし、実際には見た目より上昇の「率」は小さいのです。これもやはり、錯覚しやすい点です。実際には、底値近辺からの上昇の方が、その「率」は大きいものです。つまり、株価が上がれば上がるほど、その上昇率は小さくなるということです。
100円から200円で上昇率100%、もし、200円からの上昇率100%とすれば400円となります。見た目では、100円から200円より、200円から400円の方が、上昇がはるかに大きいと感じるでしょう。これらは、実際の株価チャートで「率」での比較をしてみるとよく分かります。
このように、株価チャートを見るとき、最初に視覚的な要因が取り込まれます。そして、その視覚的要因をもとに売買の判定を下すことになり、これらにより、売買において多くのミスを犯す可能性が出てきます。
もし、株価チャートを視覚的に判断したいというのであれば「対数チャート」をお奨めします。対数チャートは、同じ銘柄を従来の株価チャートと比較した時には「これが同じ銘柄なのか」と驚くと思います。
対数チャートとは、チャートの縦軸(株価)の表示間隔を、値幅ではなく、変動率(対数)で表示したチャートです。簡単にいえば、株価の上昇率と下落率を同じ間隔で見えるようにしたチャートです。
株価チャートを見ながらの売買には、上記のようないくつかの落とし穴があります。これらに気づかず、主観的な売買を続けていても結果は「押して知るべし」です。株式の分析は、必ず「数値」および「率」により判断すべきです。
Copyright(C)SPS研究所 照沼佳夫
無断転載厳禁