不確定要素の排除

デフォルトのリスクが高まるアルゼンチンなど、米国の量的緩和の解除が新興市場国の経済成長に悪影響があると考えられます。このような状況下では投資家も一喜一憂するところです。特

に短期売買での投資家は、相場の方向性が読めないため売りにまわるか、買いにまわるか苦慮しているようです。

そもそも、投資とは将来(見通し)に対しての活動であるが、これがさっぱり分からない。初心投資家ならいざ知らず、キャリアのある投資家でも難しい。では、専門家ではいかがだろうか。

面白い記事がウェブサイトに掲載されていたのでご紹介しましょう。タイトルは「大きく外れる年初の株価&経済予測」である。これは1年前の2013年1月に各エコノミストやストラテジスト

が予想した日経平均の予測値である。

2013年1月5日付の毎日新聞より

マネックス証券チーフストラテジスト    1万3500円~1万円
大和証券チーフエコノミスト        1万2500円~9500円
野村證券チーフエコノミスト        1万2000円~9000円
SMBC日興証券チーフ株式ストラテジスト 1万1500円~9000円
ニッセイ基礎研究所チーフエコノミスト   1万1000円~8500円

また、2013年1月4日付の毎日新聞より

94社の企業経営者の日経平均予想は     1万732円~8877円 であった。

年間の予想は多くの社会的要因が絡みあって株価を形成するのであるから、株価予想が外れてもやむを得ないところでしょう。

株価を予想するエコノミストやストラテジストも本気で株価を予想できるとは思っていないだろう。昨年の予想が軒並み外れたことを云々するわけではなく、もともと、株価を予測するなど

難しく、不可能に近いのではと考えるものです。

株式セミナーなどで講師の話を聞いても同じである。もっともらしく解説しているようだが、彼らだって株価を予測するエコノミストやストラテジストと同様ではないだろうか。結局は誰も

何も分からないと言うことであろう。

このように、将来(見通し)に対しての投資活動を「結局は何も分からない」状況下で、虎の子の大金をつぎ込んでよいものだろうか。

投資とは、リスクとリターンのバランスでもあるから、何も分からないというリスクを取ることによってリターンを得られるのかもしれない。しかし、このような考えで投資活動を続けても

よいのだろうか。

投資の世界には「絶対」は無いことは周知の通りですが、できるだけ投資における不確実性や未知数的な要素をできるだけ排除することによって、希望する投資スタイルに近づいていくので

はないでしょうか。つまり「不確定要素の排除」です。

上記の日経平均の予測のように、結局は、当たるも八卦、当たらぬも八卦でしょう。であるならば、不確定要素である「予想」を排除してはいかがでしょうか。これらの考えには多くの反対

意見があると思います。「予想なしで株式投資などできるわけないだろう」などと・・・。

そのような意見は意見として、私は当初より「予想しない投資法」を提唱しています。つまり、現在公開された確定数値のみで売買の判断を下すというものです。予想には必ず投資家の感情

的な期待感が入り込みます。この「感情的な」が、最後には投資家を悩ますことになるのでは・・・。

予想を織り交ぜながら投資活動するか、客観的な数値だけで投資活動を行うか、最終的には投資家自身の判断となります。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する