見つめ直す

株式市場は外部要因的な不安はあるものの順調に推移しているようです。株価が上昇してくると外部(メディア)が煩い。メディアの情報の9割はノイズ(雑音)であることを理解しておくべきである。

さて、投資家が今までの投資活動を振り返ってみると、どのような思いを抱くであろうか。大きく儲けた時や大きく損をした時の印象は今でも鮮明に残っていると思います。大きく儲けた時は自慢げに話をしたのではないだろうか。また、大きく損をした時は「ロダンの考える人」になっていたのではないでしょうか。

そこで、大きく儲けた時と大きく損をした時を株価チャート(日経平均など)に照らし合わせてみてください。多分に大きく儲けた時は相場上昇期であり、大きく損をした時は相場が暴落した時ではないだろうか。

もしそうであるならば、相場が上昇期では儲かり、下落期では損をすることになります。相場の変動がそのまま自分の投資成果となってはいないだろうか。これは何を意味するのだろう・・・。

その要因は、相場の展開の中に投資家の投資技術が機能していない、または間違っていることになるのではないだろうか。もちろん投資家は、投資活動中にはあらゆる技術を駆使し最善を尽くしていると思います。しかしながら、結果として投資成果が相場の変動と同じとなってしまっている。

これは投資家の投資技術が機能していない、あるいは利用の方法が間違っている、はたまた、投資家の投資に対する考えが間違っているという結果ではないだろうか。つまり、投資成果と相場の変動と同じということは、技法なり考え方が間違っているということを証明すことではないだろうか・・・。

つまり、何かが間違っているから儲からないわけです。あれやこれや技法を変えながら売買しても、その手法が間違っているから儲からないのです。もし、このような結果になっているのであれば、根本的な何かを変えなければなりません。それが何であるかは、今までの投資経歴を検証し投資家自身が考えるべきであろう。

投資家の夢は、自分なりの投資手法を駆使して大いに儲けることにあるのではなかっただろうか。今、投資の原点に立ち戻り見つめ直すべきです。
拙者の格言

『追い風を自分の実力と錯覚するな。追い風はいつか逆風となる。』

『現在の自分の姿は、過去の決断の結果である。現在の決断は将来の自分の姿となる。今、何かを決断しなければ将来は何も変わらない。』

分散投資と分割売買

投資にはリスクがつきものである。投資家は誰もこのリスクから逃れることはできない。しかし、リスクがあるからリターンがあるわけで、リターンを求める者は、このリスクを受け入れなければなりません。リスクとリターンは表裏一体であることは周知のとおりです。

投資家はリスクから逃れられないとしても、そのリスクを低減することはできないだろうか。アメリカのある経済学者が投資リスクを最小限にするにはどのようにすべきかの研究を行ったそうです。その最終結論は「分散投資」に行き着いたとの論文を読んだことがあります。

確かに分散投資こそがリスク低減の一番の方法であることは理解できる。実際に私も実践しています。しかし、リスクの低減は分散投資以外にはないのだろうか。このような考えは「あること」によって疑問がわいてきたのです。

あることとは、以前にも解説しましたが、私の実践において仕掛け時に建玉が多いと寄り付き値が飛んでしまうという問題です。薄い商いのところに多くの建玉を入れれば値が飛ぶのも当然です。

では、商いの多い銘柄で売買するとか、指値を入れて値が飛ばないようにするとか、その対策はあります。しかし、私の売買では多くの銘柄に分散投資をしていますので、商いの多い銘柄だけを選択するわけにもいかないのです。また、仕掛けは必ず寄り付きの成り行きと決めていますので指値はしません。

もし、指値をして建玉が入らない場合にはシステム売買の基本から外れてしまいます。また、どてん売買のため決済と新規の建玉を同時に行うので株数は2倍となり、さらに寄り付き値が飛んでしまうことになります。

たとえば、薄商いの銘柄に寄り付きで新規と決済の建玉を入れると、買い気配となって値が付かず、しばらくして値が付くとその値が当日の高値であったということがしばしば起こりました。ひどい時には寄付き値が前日の5%も高かったこともありました。寄付き値が前日の1~2%も高い(安い)などは毎度のことです。

これでは投資パフォーマンスにも影響してきます。投資で成功すれば当然ながら投資金額も増えてきます。そうなると、さらに寄付きが飛んでしまうことは明らかです。そこで私は考えたのです。これらを改善することはできないものかと。

システム売買であるため、寄り付き成り行きは変えられない。すると後は、商いの多い銘柄だけを選択するということになります。しかし、多くの個別銘柄の売買では出来高の多い銘柄だけという問題は解決できません。

出来高の多い銘柄・・・。常に出来高の多い銘柄は「指標」ではないかと考えました。つまり、現在上場されている日経平均やTOPIXの指標です。さらには、先物の日経平均やTOPIXの指標です。

しかし、これらの指標は出来高は多いものの単独銘柄のため分散投資ができません。そこで私が考えたのが、指標の「分割売買」です。たとえば、投資額を100等分して、相場の安いときには買いの金額を多くして、相場が高いときは空売りを多くするなど資金配分に変化をもたせ、常に投資金全額を運用するというものです。

そこで問題なのは現在の相場状況を的確に判定し、それらにより買いと空売りを的確に配分する指数の作成にあります。この指数が的確でなければ、この運用は不可能となります。これらの判定指数は現在のヘッジ比率に近いものになりますが、この分割売買指数においては、さらにその精度を高めなければなりません。

現在、私はそのシミュレーションを行っていますが、結果は、投資パフォーマンスはやや低めですが、その安定性においてはある程度納得できる成果が得られています。これで現在のような寄り付き値が飛んでしまうという問題から開放されるような気がしますが、いかがなりますでしょうか。

失敗から学ぶ

女子ワールドカップは、決勝でなでしこジャパンはアメリカに負けてしまった。サッカーファンの私としてはとても残念で仕方がない。しかし、準優勝であるから胸を張るべきであろう。

スポーツは勝負の世界だから負けるときもあるだろう。勝ち負けは時の運などと片付けられるものだろうか・・・。相場の世界も同様であろう。スポーツも相場も実力しだいである。鍛えぬいた体、経験に裏付けられた手腕。すべて日ごろの鍛錬がものをいう世界である。

プロの世界では、その実力は甲乙付けがたく拮抗しているものです。しかし、プロ同士の戦いは、必ずどちらかが勝者になり、そして他方が敗者となる。プロ同士の戦いで、拮抗する実力でありながら勝者と敗者に分かれる要因は何であろうか。

その要因はさまざまであろう。解説者の話にもうなずけるところがある。しかし、私は力の拮抗した者同士の勝敗の根底にあるものは「ミス」であると考えます。つまり、緊張した戦いの中でミスを多く犯した者が敗者となるのです。

サッカーの試合でも多くミスしたチームが負けるのです。プロゴルフの試合などでもそれが明らかに出ます。多くミスしたプレーヤーが敗者となるのです。

しかし、プロの選手も人間である。人間であればミスを犯すものでもある。人間にミスは避けられないが、そのミスから得られるものがある。ミスの原因を徹底的に分析し、次の試合でその教訓を発揮すればよい。「失敗(ミス)には成功と同等の価値がある。成功より失敗から学ぶことの方が多い」とある。

一方、相場の世界はミスの連続である。「投資とは失敗の続くゲームである」とも言われている。しかし、やはりミスが少ない投資家の方が稼ぎは良いはずです。

スポーツでも相場でも最初は失敗ばかりです。ここで大事なのは「失敗を次に生かす」ことです。失敗を分析することです。分析すれば失敗の原因が分かるはずです。そして、次に同じような失敗を繰り返さなければよいわけです。この繰り返しが、結果として「成長」となるはずです。

ですから、失敗を必要以上に怖がることはありません。失敗は成長している、進歩している証なのですから。失敗はあきらめた時に、初めて失敗という烙印を押されるわけです。失敗を教訓として、あきらめずに続けることがいかに重要であるかお分かりいただけると思います。
拙者の格言

『人生は一度きり、人生はぶっつけ本番。だから失敗するのは当たり前』

『成功しないのは、成功するまでやらないからである。成功とは、意欲と情熱を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである。失敗しないで成功した者はいない。やってやれないことはない。やらずにできるわけない』

『努力したからすべて得られるものではない。しかし、努力しなければ何も得られない』

適正利回り

株式市場はギリシャ問題で波乱状態です。しかし、ギリシャの債務問題が注目されていますが、実はもっと深刻なのが中国の経済危機である。上海株式市場は1日で7%も下げ、すぐに5%戻すなど、通常では考えられないようなて値動きとなっています。

ギリシャ問題、中国の問題と話題は尽きないのですが、ちょっと古い話題で恐縮なのですが、以前にスイスフランの急騰という問題があった。

一般的にFX取引では損失を限定するストップロスを入れて元本の保全を図ります。そのため通常の値動きであれば、ストップロスに触れれば決済されます。しかし、今回のスイスフランのように急激に暴騰した時には、いきなりストップロス以上に値が飛んでしまったり、さらにその後も一方的な展開でストップロスの注文が約定しないままに損失が拡大してしまうということがあります。ストップロスは便利な機能ですが、暴騰/暴落時に必ずしも発動するとは思わない方が良いでしょう。

以上のように、相場では何が起こるかわからない。何が起こっても不思議ではない。投資家は常にリスクを背負いながら戦っているのだが、投資金を一発で失ってしまうような投資手法は絶対にするべきではないと考えます。

FXでのスイスフランの取り扱いは少ないようですが、スイスフランの取引で大きく損失を被った個人投資家もいるだろう。ここでの教訓はなんだろうか。やはり単発的(単一銘柄)な勝負は怖いということであろうか・・・。

投資はギャンブルではないのですが、最近の高レバレッジのFX取引やバイナリー・オプションなどはギャンブルに近い投資手法です。このような投資法では、連戦連勝で勝ち進んでも、投資金が膨らんだところで一回負ければ終わりとなる可能性があります。

投資家は誰でも高い投資利回りを求めますが、現在の市中金利やビジネスにおける収益性などが適正利回りであり、それらを何十倍も上回る利回りを期待すること自体間違いではないでしょうか。たしかに一時的であればそのような利回りを得られる時もあるかもしれませんが、反対にマイナスの時期もありますので、トータルすれば投資利回りもそれほど高くなるものではありません。

最近、私の投資仲間が「為替の取引から日経平均先物に変えようと思う」と言っていた。その仲間も個人投資家としてはかなり高額な取引をしていました。日経平均先物に変える理由は聞きませんでしたが、おおよその見当はつきます。

投資ノウハウとしては、FXも日経平均先物も、さらには個別銘柄の株式取引であっても大差はないはずです。取引市場を変えたからといって、レバレッジ倍率を変えたからといって、その収益が大幅に増大するわけでもないでしょう。

要は、ギャンブルのような単発的な勝負をせず、分散投資のようなリスクを抑えながら適正利回りを追求する投資手法こそが、投資の王道と言えるのではないでしょうか。