時代背景

売買がうまくいかなくなると今の投資法がいけないのだろうか、手法を変えた方が良いのだろうかと悩みます。しかし、青い鳥はどこにもいないのです。

物事を学ぶには、まず書物で学ぶ、学校に通うなどであろう。投資においては書店の投資指南書などを読むことから始めるのだが、内容が理論的すぎるか出版社の売らんがための書籍が多く、なかなかこれだという指南書は見あたらないようだ。

学校に通って先生の講義を受けるなどは、投資に限ってはそのようなところは見あたらない。投資ではセミナーや講演会などがこれにあたるが、実際に出席された方はお分かりでしょうが、あまり役に立つとは思えない。

昔、技術を学ぶには、その道の師匠に弟子入りして学ぶことが一般的であったと思いますが、現在はいかがでしょうか。相場師に弟子入りして技術を学びますか。しかし、周りを見渡しても師匠といえる相場師は見あたらない。

であるならば、著名な投資家の投資手法を真似て売買してみようかと考える。そこで著名な投資家でもある世界で最も成功したウォーレン・バフェットの手法を真似して運用したいと考え、その手法を学習する。

だがバフェットの投資法を模倣しても、他の投資家と同じように9割以上の人はトータルでは投資で損をする。成功した投資家の正しい投資法を実行しているのに、どうして多くの人が負けるのか不思議な気がします。

バフェットの投資法の根幹になっているバリュー投資法は、価値のある会社を見つけたら、買って買ってとにかく買いまくる。しかし、バフェットのようにアメリカ市場でマクドナルドやコカコーラを買っても為替変動の影響を受けるので、日本株を買うのと同じリスクを負うことになる。外国人がアメリカ人のように投資しても、基軸通貨ではないので、いつか為替でやられてしまう。基軸通貨という問題を無視してはバフェットのようにはなれないのです。

世界の著名投資家の9割までをアメリカ人が占めている。大半はバフェットと同様に「買って買って買いまくった」結果、資産を急増させた人たちです。株を買って保有し、利益が出たらまた買い増すという方法は、アメリカ人にしか実行できません。他の国の人が同じ方法を取っても、いつか為替変動や外部要因の暴落でやられてしまうでしょう。

また、アメリカの平均株価を見れば分かるとおり、第二次大戦後は一貫して右肩上がりです。よって、「買って買って買いまくる」バフェットの投資理論の多くは、第二次大戦後のアメリカでしか通用しないのです。もし、バフェットが大恐慌時代以前に投資を始めていたらどうであったか。

アメリカの平均株価と日本の平均株価を比較してみてください。日本の市場でバフェットの投資理論を実践しても、現在のバフェットのような成績は収められないでしょう。

極論ですが、バフェットは投資環境に恵まれた「時代背景」に乗っただけではなかったのかとも考えられます。「運(時代背景)も実力のうち」と言われますが・・・。かなりネガティブな解説になってしまい申し訳ないのですが、やはり投資手法には絶対というものはないのですから、人真似ではなく自分に合った投資手法を確立し、それらで運用することがベストではないでしょうか。

先物市場

私としては、株式市場での個別銘柄の売買が自分に合っているような気がしていたのですが、最近は先物市場での売買も行っています。

私は先物市場での売買はお勧めしておりません。「自分では先物市場で売買しているのに、先物での売買を勧めないのはおかしいじゃないの」と思われるかもしれませんが、それはそれなりの理由があるのです。

第一に、株式市場での個別銘柄の売買と先物市場での売買では、リスク度合いが比較にならないほど高くなります。先物市場では証拠金による売買ですが、そのレバレッジの高さはFXと同等かそれ以上となります。そのため、決断に躊躇すれば一瞬に証拠金はゼロになり破綻する危険性が非常に高いのです。

第二に、分析の難しさにあります。たとえば日経先物の場合、日経先物は単一銘柄であるためローソク足をいろいろなテクニカル分析で行っても限界があります。また、日経平均は225銘柄で構成されているため、これらの銘柄をすべて検証、集計し、これから先の相場展開を予想するなど不可能でしょう。

第三に、売買は非常に短期で行わなければならないことです。先物はレバレッジが非常に高く設定されているため「ちょっと様子を見よう」などは許されません。少しでも見込み違いがあれば即座に反対売買を行わなければなりません。機敏性、機動性が要求されます。

以上のように先物市場は厳しい市場であり、ハイリスク・ハイリターンの世界なのです。株式市場では市場に入場してから退場するまで4~5年と言われていますが、先物市場やFX市場では、入場してから退場するまで4~5ヶ月と言われています。それだけ難しい市場なのです。

これらを承知で先物市場に参入されるのであれば、これを否定する理由はないのですが、先物市場と株式市場では次元が異なりますので、株式投資の延長などと考えての参入は絶対やめるべきです。

では、私の先物市場での売買を少し述べてみましょう。まず、成績は3歩進んで2歩下がるという状況です。先物の売買であるため、分析指標はスパンを短くして利用しています。先物は単一銘柄であるため、今までのような個別銘柄のグループによる両建て売買手法はできないため、ヘッジ比率の差分によるヘッジなしの売買をしています。長年ヘッジ売買をしてきたため、ヘッジなしの売買は恐いのですが・・・。

売買手法は建玉の操作(増減)だけです。そのため利食い基準や損切り基準はありません。さらに仕掛けは買い上がり(買い増し)、売り下がり(売り増し)であるためちょっと恐いです。やはり、建玉が大きくなるとストレスが高まります。ヘッジかないため結構ハラハラドキドキしながら売買しています。

先物市場での売買はまだ日が浅いため只今テスト中です。先物の売買が私に合っているかまだ分かりませんが、私は必ず実践して結論を出すようにしています。これから先にどれだけの難問が待ち構えているか分かりませんが、常に前向きにチャレンジしたいと思います。

また機会がありましたら、先物市場での売買の報告もしてみたいと思います。よろしくお願いいたします。

投資における対処法

株式市場も高値となり、初心者の参入も考えられます。今回はそのための解説ですが、キャリアのある投資家においても初心を忘れず、投資の基本を再確認していただきたい。

投資で負けてしまったら投資家は次に何を考えるでしょうか。負けを認めて市場から撤退するでしょうか。もちろん投資金がなくなってしまったら、投資家の意思に係わらず退場する以外はありません。

まだ投資歴が短く、余裕資金が残っている場合は「投資の損は投資で取り戻そう」と考えるはずです。100万円の損を出したら、急いで100万円を取り戻すために必死になります。マイナス100万円が頭にちらつき、そこに損を認めたくない心理やブライドが働くわけです。

しかし、投資市場はそのような個人的な問題を受け入れる場所ではないのです。投資家は損を取り戻そうと冷静さを失い、負けると投機的になり、通常は取らないような高いリスクを選択しがちです。

損を被り慌ててしまうのは、投資を始める段階で損失の許容範囲や損失が発生した場合の対処法をあらかじめ決めておかないからです。投資で損をしないことはあり得ないわけですから、事前に対処法を決めておくことにより慌てることはなくなるはずです。

その対処法とは、

あらかじめ自分自身の最大損失金額を決めておく。儲かるとつい気持ちが大きくなり最大損失金額も忘れがちですが、この最大損失金額についても、いつまでは必ず実行するという期限を設定することです。その期限は絶対厳守すること。

投資市場ではプロもアマも同じ土俵で勝負します。ハンデキャップは一切ありません。自分の投資キャリアなどを考え慢心することなく、儲かっても損をしても常に平常心で投資活動に努めること。特に初心者はリスクの低い銘柄に投資するとか、投資金を少なめにするなどの対策を講じます。

投資初心者であれば、ある程度の損失は「授業料」として捉え、その損失の原因を検証して次の売買に生かすぐらいの気持ちも必要です。

どのような投資手法でも良いのですが、自分で決めた投資手法は期限を設定して、その期間はたとえ損失となっても実践すること。自分で決めた投資手法でも、3回も続けて負けるとすぐに止めてしまう。これでは何の経験にもなりません。

投資の世界は自己責任です。自分の決めたルールも守れないようでは投資家失格です。即刻退場すべきです。ルール厳守以外に市場にとどまることはできないことを肝に銘じておくことです。

専門に特化すべき

投資において一番大切なものは何か?。投資に対する考え方、投資手法、情報の入手など大切なことはたくさんあります。どれを取っても欠かすことはできません。しかし、個人投資家がこれらをすべて網羅することは不可能でしょう。

ご存知のように投資世界では、どの考え方、どの投資手法が正しいということはありません。すべて一長一短があり、これが絶対、これが完璧ということはないのです。翻って考えれば、どのような考え方や投資手法でも収益を上げるチャンスはあるということでもあります。では、このような問題に対して、個人投資家はどのようなアプローチをすればよいのでしょうか。

このような問題に私は「専門に特化すべき」と考えています。何かひとつの方法に特化して投資すべきであると思います。ファンダメンタル分析でもよし、テクニカル分析でもよし、短期売買でも長期投資でもよし。誰にでも得意な分野というものがあるはずです。それらに特化して、その分野を深く掘り下げていくべきです。

ちなみに、私の場合は「テクニカル分析の短期売買」に特化しています。昔から、「専門は強い」と言われています。商業で言えばデパートではなく、専門店ということになります。たとえば、三越ではなくユニクロとなるでしょうか。

現代社会は情報があふれています。私は「情報過多は迷いを引き起こす」と思っています。「情報の90%はノイズ」とも思っています。専門分野を持たない投資家は常に情報に振り回されてしまいます。「こっちの水は甘いぞ、あっちの水は苦いぞ」となって、最後にはどっちつかずになります。

相場には絶対はないので、やはり自分の得意分野で、その研究に特化するべきです。しかし、長く相場の世界で活動していると、自然に自分の投資スタイルができ上がってくるものです。損益は別として、それがまさに自分のスタイルに合った投資手法ではないかと思います。

しかしながら、自分のスタイルで投資活動をしても一向に成果が上がらない。どうしたものかと考えるも、その答えが見出せない。そこで「他の投資手法は?」となる。結局は他の投資手法でも結果は同じです。遠回りしているだけです。自分に合わない投資手法では、最終的にストレスが積み重なり途中で頓挫するのは明白です。

長年投資活動をして、現在の投資手法にたどり着いたのであれば、その手法を徹底的に研究してみることです。その手法が自分に一番合っている手法なのですから。今まで気がつかなかった「何か」が見出せるはずです。そして、この分野では誰にも負けないという気構えが必要です。

私の語録に「答えは常に自分の手の中にある。ただ気がつかないだけである。今まで自分が辿ってきた道に、その答えがある。」とあります。これも自分の体験から出てきた語録です。

私も投資初心者のころはどの手法が良いのかと迷いに迷った時期もありましたが、今では「テクニカル分析の短期売買」の軸はぶれることはありません。今でも短期売買について研究を怠らず、わき目も振らず頑張っています。なぜなら「テクニカル分析の短期売買」が自分に一番合っているからです。

自分の得意分野を見つけ、その分野を深く掘り下げ専門家になることが、投資で成功するひとつの要因なのではと考える今日この頃です。