ひたすら続けることである

長く投資活動を行っていると、投資家にとって適した相場環境とならない場合があります。たとえば、行ったり来たりの往来相場であったり、急騰急落の相場であったりでは、その判断に苦慮し収益もままならないものです。

相場が悪い時というのは、相場が良かった時の手法を使用しても利益が出せないことが多かったりします。そこで、そのような環境下では「休むも相場」との相場格言を思い出し、一時的にでも休みたい気分になります。

適した環境でない相場変動などの時は慎重に取引をする必要があるのですが、常に申し上げていますように、相場環境が悪いといっても全面撤退はあまりお勧めできません。

確かに、相場環境には勝ちやすい相場と勝ちにくい相場があるのも事実です。当然のことながら、勝ちにくい相場の時はあまり手を出すべきではありません。やけどをしないために休みをとることも選択肢のひとつとなります。しかし、そうなってくると相場が良い時と悪い時の見極めが必要になってきます。

これらの見極めは「日々の出来高が少なくなってきている」「直近に非常に大きな下げがある」「それまで強い動きをしていた個別銘柄の動きが一気に鈍くなる」「金融株の動きが鈍くなる」などと相場環境を解説している文献もあるようですが、相場が良い時と悪い時の見極めは、相場の見通しを予測するのと同じように後になってからでないと結局のところ分からないものです。

私は、このようなことから、手が合わないときは投資資金を減らすことは良いと思いますが、全面撤退はあまりお勧めできません。

相場環境が悪くなってくると「様子を見よう」「様子を見てから」という言葉をよく使います。これらの言葉は投資判断として適正と思われがちですが、私は間違っていると思っています。

「様子を見よう」「様子を見てから」は、判断、決断ができない状態でもあるのです。判断、決断から逃げていることでもあるのです。投資においては「適切な判断」が要求されるところですが、「様子見」は、その判断を先送りしているだけなのです。つまり、優柔不断であるということです。投資において、優柔不断では儲かりません。

私の「迷言集」に『逃げては何も残らない。逃げてもまた元のところに戻るだけ。今逃げたら、明日はもっと大きな勇気が必要となる。逃げずに困難に立ち向かえ』とあります。これは私が相場体験の中から自戒を込めて出てきた言葉です。

「休むも相場」を別な角度から見てみると、収益が上がらないから休んで様子を見ようということではないか。ここでの休む根拠は「収益が上がらない」が理由となりますが、収益の上がらないのは相場の問題だけでしょうか。投資家自身に問題はないのだろうかと考えたことがあるだろうか。

結局、堂々巡りで結論の出ないところですが、つまりのところ分からないということなのか。そうなのです。相場は分からないのです。だから、成績が上がらないときも、その原因が相場にあるのか投資家自身にあるのか明確ではないのですから、成績が悪くても少しずつでも続けることが肝要なのではないでしょうか。

続けることによって分かってくることもあるだろうし、経験も積み上がってくるものでしょう。それが「力」となってくるのです。

「迷言集」から・・・、『「力」とは繰り返しの結果である。目標と信念と情熱を持って、良いときも悪いときも、ひたすら続けることである。』

 

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する