自分で決められない

最近のスイスフラン・ショックやフランスでのテロ事件、ISISに拘束されている日本人の問題、さらには原油安の問題にとニュースが世界中を駆け回っている。投資家はこれらの情報を取り込み、投資判断をしなければならないのだが・・・。市場関係者はその要因を分析し、あれこれ言っているようです。

しかし、こんなことで為替や株価変動を説明するのは早計だろう。なぜなら、現在の事態は延長線として十分想定でき、すでにマーケットに織り込まれているはずだからである。

相場における材料はなんであれ、解釈は相場次第と言える。同じ材料でも、蒸し返されるとまったく違った相場がみられるのは、その本当の原因が材料自体にあるのではなく、マーケット自体の構造や投資家の心理にあるからである。いつものことながら後講釈であれば何とでも説明できる。やはり、情報や材料には振り回されないことが肝心です。

投資判断は、あくまで投資家一人ひとりが自分で決めるものです。「投資クラブ」のような形で投資家が集まって勉強会を開いたり、自分の体験を語り合ったりするのもよいのですが、最終的には自己責任、自己判断です。ところが実際には多くの投資家が、自らの資産をかけた大事な判断を人に頼ってしまうのはなぜでしょうか。

株がかなり値上がりしてきたため、そろそろ売却して利益確定したいと考える。そして取引している証券会社や株仲間に連絡して「だいぶ上がってきたからねえ。君はどう思う?」と意見を求めます。最終的に売るかどうかの判断はご本人次第なのですが、証券会社や株仲間の意見も一応聞いておきたいという心理がはたらく。

証券マンは手数料の関係で「そうですね。そろそろ売り時かもしれませんね」と言う。株仲間には同じ銘柄を持っている人がいないので「儲かっているなら売っちゃえば」と言う。どういうわけかほかの投資家の動向を非常に気にするのです。

しかしながら、本人は「まだまだいけるのでは」と心の中で葛藤する。散々悩んだ挙句、再び証券会社に電話する。「どうかね」と。証券マンが「やはり高値になったため売ってはどうですか」と言う。本人は「手数料稼ぎをしようと思ってるんだろう。その手には乗らんぞ」などと考える。

すると証券マンは「分かりました。このまま持続と言うことですね。この銘柄を持っているお客さんからかなり売り注文が入ってきたので、そろそろ売り時かと思っていましたが・・・」と。

すると「えっ、みんな売っているのか?。どうしてそれを先に言わないんだ。まったく。私の持ち株もすぐに売ってくれ・・・。」

集団心理と言うか群集心理と言うか、そこに自分の投資戦略、投資判断など一切ありません。結局は、負け組みという烏合の衆に成り下がってしまうのです。自分で判断できるだけの情報を持っていない場合に、ほかの人と同じ行動をすることによって安心することになります。安心することと儲けることとは次元の異なるものであることは理解していると思うのですが・・・。

確かに、不安になれば誰かに意見を求めたくもなります。投資という不確実な選択をしなければならない人間心理としてある程度やむを得ないでしょう。

投資判断というのは儲けや損失を左右する極めて重要なものです。ほかの人がどう動いているかという判断も重要ではありますが、あまり外部の意見などには振り回されない方が賢明でしょう。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する