「勝率」の考察

今回は「勝率」について考えてみましょう。私は以前から投資で成功するためには勝率ではないと申し上げてきました。投資では利益は大きく、損は小さくの「損小利大」でなければならないと解説してきました。このことは、プロのトレーダーの間ではすでに定説となっています。

勝率5割の世界で利益を上げるためには、どうしても損小利大の投資手法でなければ収益は上がりません。これらの点は、投資家であれば理解されていると思います。

さて、投資で、もし利益も損失も同じであった場合はいかがでしょうか。つまり、利益が10%で利食い、損失も10%で損切りという投資手法であった場合、その手法で利益を上げるにはどのようにすればよいのでしょうか。

利益も損失も同じ幅での売買で収益を上げるには勝率を上げなければ収益が発生しないのは理解できるでしょう。この「利益も損失も同じ幅」はデイトレードの世界に見られます。

なぜなら、通常の売買では利益を最大限に伸ばし、損失はできるだけ小さくするという手法ですが、デイトレードの場合は、1日での売買であるため、その利益には限界があります。つまり、利益が限定されてしまうことです。

もちろん、デイトレードであっても利益を伸ばし、損失は限定することは可能ではあると思いますが、一般的な売買よりは、損小利大の理念は制限されてしまうと思います。

これらから、デイトレードは邪道的な手法であると言わざるを得ません。しかしながら、多くの投資家はデイトレードを好んで採用しています。デイトレードの投資家からは、1日の売買であるためその損失も限定されるのではないか、などの意見も聞かれますが、逆に利益も限定されるのではないでしょうか。

話題は変わりますが、投資理論に「サイクル理論」というものがあります。これは、株価の変動にはある一定のサイクル(周期)が存在するという理論です。私もこれらの理論を検証したことがあります。

確かに、株式の個別銘柄の一部の銘柄に、これらのサイクル理論が当てはまる銘柄が存在します。このサイクル理論を採用し売買される場合は、将来もそのサイクルが継続されるため、そのサイクルの山谷で売買すれば効果的であるという結論です。

しかし、私が検証した結果においては、そのサイクルが未来永劫継続されるわけではなく外部環境などで、そのサイクルに変化が生ずるということです。ただ、そのサイクル検証の直後しばらくは、そのサイクルが継続されるという検証も得られています。そのため、短期売買のサイクル理論もそのサイクルの当てはまりの精度が高い銘柄であれは採用できるものです。

私はデイトレードは行っておりませんが、デイトレードでは、利益も損失も限定的であるため勝率を上げなければなりません。そのためには、サイクル理論を採用して勝率を上げてのデイトレード、つまり、過去に周期性のある勝率の高い銘柄によるデイトレードもあるのかなあと考える今日この頃です。

 

slide1

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する